Amazon DynamoDB
開発者ガイド (API バージョン 2012-08-10)

ステップ 1: テーブルを作成する

このステップでは、Movies という名前のテーブルを作成します。テーブルのプライマリキーは、以下の属性で構成されます。

  • year – パーティションキー。ScalarAttributeType は、数字 (number) の N です。

  • title – ソートキー。ScalarAttributeType は、文字列 (string) の S です。

  1. Java 開発環境に次のプログラムをコピーアンドペーストします。

    // Copyright 2012-2015 Amazon.com, Inc. or its affiliates. All Rights Reserved. // Licensed under the Apache License, Version 2.0. package com.amazonaws.codesamples.gsg; import java.util.Arrays; import com.amazonaws.client.builder.AwsClientBuilder; import com.amazonaws.services.dynamodbv2.AmazonDynamoDB; import com.amazonaws.services.dynamodbv2.AmazonDynamoDBClientBuilder; import com.amazonaws.services.dynamodbv2.document.DynamoDB; import com.amazonaws.services.dynamodbv2.document.Table; import com.amazonaws.services.dynamodbv2.model.AttributeDefinition; import com.amazonaws.services.dynamodbv2.model.KeySchemaElement; import com.amazonaws.services.dynamodbv2.model.KeyType; import com.amazonaws.services.dynamodbv2.model.ProvisionedThroughput; import com.amazonaws.services.dynamodbv2.model.ScalarAttributeType; public class MoviesCreateTable { public static void main(String[] args) throws Exception { AmazonDynamoDB client = AmazonDynamoDBClientBuilder.standard() .withEndpointConfiguration(new AwsClientBuilder.EndpointConfiguration("http://localhost:8000", "us-west-2")) .build(); DynamoDB dynamoDB = new DynamoDB(client); String tableName = "Movies"; try { System.out.println("Attempting to create table; please wait..."); Table table = dynamoDB.createTable(tableName, Arrays.asList(new KeySchemaElement("year", KeyType.HASH), // Partition // key new KeySchemaElement("title", KeyType.RANGE)), // Sort key Arrays.asList(new AttributeDefinition("year", ScalarAttributeType.N), new AttributeDefinition("title", ScalarAttributeType.S)), new ProvisionedThroughput(10L, 10L)); table.waitForActive(); System.out.println("Success. Table status: " + table.getDescription().getTableStatus()); } catch (Exception e) { System.err.println("Unable to create table: "); System.err.println(e.getMessage()); } } }

    注記

    • エンドポイントを設定して、コンピュータの DynamoDB にテーブルを作成することを示します。

    • createTable 呼び出しでは、テーブル名、プライマリキー属性、そのデータ型を指定します。

    • ProvisionedThroughput パラメーターは必須ですが、ダウンロード可能なバージョンの DynamoDB では無視されます。(プロビジョニングされたスループットはこの演習では扱いません。)

  2. コンパイルして、プログラムを実行します。

テーブル管理の詳細情報については、「DynamoDB でのテーブルの操作」を参照してください。