Amazon DynamoDB
開発者ガイド (API バージョン 2012-08-10)

概要

このチュートリアルでは、ご使用のコンピュータのダウンロード可能な DynamoDB に Movies テーブルを作成し、基本的なオペレーションを実行しました。ダウンロード可能なバージョンの DynamoDB は、アプリケーションの開発およびテストの際に便利です。ただし、本番環境でアプリケーションを実行する場合、Amazon DynamoDB ウェブサービスを使用できるようにコードを変更する必要があります。

DynamoDB サービスを使用するためにコードを変更する

Amazon DynamoDB サービスを使用するには、アプリケーションのエンドポイントを変更する必要があります。これを行うには、次の行を変更します。

dynamodb = boto3.resource('dynamodb',endpoint_url="http://localhost:8000")

たとえば、us-west-2 リージョンを使用する場合は、以下のように行います。

dynamodb = boto3.resource('dynamodb',region_name='us-west-2')

プログラムは、コンピュータのダウンロード可能なバージョンの DynamoDB を使用せずに、米国西部 (オレゴン) の DynamoDB サービスを使用するようになりました。

DynamoDB は、世界中の AWS リージョンで利用できます。完全なリストについては、AWS General Referenceの「リージョンとエンドポイント」を参照してください。コードにリージョンおよびエンドポイントを設定するための詳細については、『AWS SDK for Java Developer Guide』の「AWS リージョンの選択」を参照してください。