ステップ 1: サンプルテーブルの作成 - Amazon DynamoDB

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

ステップ 1: サンプルテーブルの作成

このセクションでは、AWS マネジメントコンソール を使用して、Amazon DynamoDB で 2 つのシンプルなユースケース用のテーブルを作成します。

ユースケース 1: 製品カタログ

DynamoDB に製品情報を格納するとします。各製品には固有の属性があるため、これらの各製品について異なる情報を保存する必要があります。

テーブルを作成できます。ここで、各項目は 1 つの数値属性によって一意に識別されます。ProductCatalogId

テーブル名 プライマリキー
ProductCatalog

パーティションキー: Id (数値)

ユースケース 2: フォーラムアプリケーション

掲示板やフォーラム用のアプリケーションを構築するとします。AWS ディスカッションフォーラムは、そのようなアプリケーションの一例です。お客様は開発者コミュニティとやり取りし、質問をしたり、他のお客様の投稿に返信したりできます。各 AWS サービスには専用フォーラムがあります。だれでも、フォーラムでメッセージを投稿して新しいディスカッションスレッドを開始できます。各スレッドは、任意の数の返信を受け取ることができます。

3 つのテーブルを作成することで、このアプリケーションをモデル化できます。ForumThread、および Reply

テーブル名 プライマリキー
Forum

パーティションキー: Name (文字列)

Thread

パーティションキー: ForumName (文字列)

ソートキー: Subject (文字列)

Reply

パーティションキー: Id (文字列)

ソートキー: ReplyDateTime (文字列)

テーブルには、Reply という名前の グローバルセカンダリインデックス があります。PostedBy-Message-Index このインデックスでは、Reply テーブルの 2 つの非キー属性に対するクエリを容易にします。

インデックス名 プライマリキー
PostedBy-Message-Index

パーティションキー: PostedBy (文字列)

ソートキー: Message (文字列)

テーブルの作成ProductCatalog

  1. https://console.aws.amazon.com/dynamodb/ にある DynamoDB コンソールを開きます。

  2. [Create Table (テーブルの作成)] を選択します。

  3. [ テーブルの作成DynamoDB] 画面で、次の操作を行います。

    1. [テーブル名] ボックスに、「ProductCatalog」と入力します

    2. [Primary key (プライマリキー)] の [Partition key (パーティションキー)] ボックスに「Id」と入力します。 データ型を [数値] に設定します。

  4. すべての設定が正しいことを確認したら、[作成] を選択します。

Forum テーブルを作成する

  1. https://console.aws.amazon.com/dynamodb/ にある DynamoDB コンソールを開きます。

  2. [Create Table (テーブルの作成)] を選択します。

  3. [ テーブルの作成DynamoDB] 画面で、次の操作を行います。

    1. [テーブル名] ボックスに、「Forum」と入力します

    2. [Primary key (プライマリキー)] の [Partition key (パーティションキー)] ボックスに「Name」と入力します。 データ型を [String] に設定します。

  4. すべての設定が正しいことを確認したら、[作成] を選択します。

Thread テーブルを作成する

  1. https://console.aws.amazon.com/dynamodb/ にある DynamoDB コンソールを開きます。

  2. [Create Table (テーブルの作成)] を選択します。

  3. [ テーブルの作成DynamoDB] 画面で、次の操作を行います。

    1. [テーブル名] ボックスに、「Thread」と入力します

    2. [Primary key (プライマリキー)] ページで、以下の操作を行います。

      • [パーティションキー] ボックスに「ForumName」と入力します。 データ型を [String] に設定します。

      • [Add sort key (ソートキーの追加)] を選択します。

      • [ソートキー] ボックスに「Subject」と入力します。 データ型を [String] に設定します。

  4. すべての設定が正しいことを確認したら、[作成] を選択します。

Reply テーブルを作成する

  1. https://console.aws.amazon.com/dynamodb/ にある DynamoDB コンソールを開きます。

  2. [Create Table (テーブルの作成)] を選択します。

  3. [ テーブルの作成DynamoDB] 画面で、次の操作を行います。

    1. [テーブル名] ボックスに、「Reply」と入力します

    2. [Primary key (プライマリキー)] ページで、以下の操作を行います。

      • [パーティションキー] ボックスに「Id」と入力します。 データ型を [String] に設定します。

      • [Add sort key (ソートキーの追加)] を選択します。

      • [ソートキー] ボックスに「ReplyDateTime」と入力します。 データ型を [String] に設定します。

    3. [Table settings (テーブル設定)] セクションで、[Use default settings (デフォルト設定の使用)] をオフにします。

    4. [Secondary indexes (セカンダリインデックス)] セクションで、[Add index (インデックスの追加)] を選択します。

    5. [Add index (インデックスの追加)] ウィンドウで、以下の操作を行います。

      • [Primary key (プライマリキー)] ページで、以下の操作を行います。

        • [Partition key (パーティションキー)] ボックスに「PostedBy」と入力します。 データ型を [String] に設定します。

        • [Add sort key (ソートキーの追加)] を選択します。

        • [ソートキー] ボックスに「Message」と入力します。 データ型を [String] に設定します。

      • [Index name (インデックス名)] ボックスに「PostedBy-Message-Index」と入力します。

      • [Projected attributes (射影される属性)] を [All (すべて)] に設定します。

      • [Add index (インデックスの追加)] を選択します。

  4. すべての設定が正しいことを確認したら、[作成] を選択します。