メニュー
Amazon DynamoDB
開発者ガイド (API Version 2012-08-10)

ステップ 2: データをテーブルにロードする

このステップでは、作成したテーブルにサンプルデータをロードします。DynamoDB コンソールにデータを手動で入力できます。ただし、時間を節約するため、代わりに AWS Command Line Interface を使用します。

注記

まだ AWS CLI をセットアップしていない場合は、手順について「CLI の使用」を参照してください。

各テーブル用のサンプルデータと JSON ファイルが含まれる .zip アーカイブをダウンロードします。ファイルごとに、AWS CLI を使用してデータを DynamoDB にロードします。データのロードが成功するたびに、以下の出力が作成されます。

Copy
{ "UnprocessedItems": {} }

サンプルデータファイルアーカイブのダウンロード

  1. 次のリンクを使用してサンプルデータアーカイブ (sampledata.zip) をダウンロードします。

  2. アーカイブから .json データファイルを抽出します。

  3. 現在のディレクトリに .json データファイルをコピーします。

サンプルデータを DynamoDB テーブルにロードする

  1. データとともに ProductCatalog テーブルをロードするには、次のコマンドを入力します。

    aws dynamodb batch-write-item --request-items file://ProductCatalog.json

  2. データとともに Forum テーブルをロードするには、次のコマンドを入力します。

    aws dynamodb batch-write-item --request-items file://Forum.json

  3. データとともに Thread テーブルをロードするには、次のコマンドを入力します。

    aws dynamodb batch-write-item --request-items file://Thread.json

  4. データとともに Reply テーブルをロードするには、次のコマンドを入力します。

    aws dynamodb batch-write-item --request-items file://Reply.json

データロードの確認

AWS マネジメントコンソール を使用して、テーブルにロードしたデータを確認できます。

AWS マネジメントコンソールを使用してデータを確認するには

  1. https://console.aws.amazon.com/dynamodb/ にある DynamoDB コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[ Tables] を選択します。

  3. テーブルのリストで、[ProductCatalog] を選択します。

  4. [Items] タブを選択して、テーブルにロードしたデータを表示できます。

  5. テーブルの項目を表示するには、その Id を選択します (必要に応じて、編集することもできます)。

  6. テーブルの一覧に返すには、[Cancel] を選択します。

作成した他のテーブルごとに、この手順を繰り返します。

  • フォーラム

  • スレッド

  • Reply