使用しているグローバルテーブルのバージョンを確認する - Amazon DynamoDB

使用しているグローバルテーブルのバージョンを確認する

DynamoDB グローバルテーブルには、グローバルテーブルバージョン 2019.11.21 (現行)グローバルテーブルバージョン 2017.11.29 (レガシー) の 2 つのバージョンがあります。グローバルテーブルバージョン 2019.11.21 (現行) を使用することをおすすめします。グローバルテーブルバージョン 2017.11.29 (レガシー) よりも効率的で、消費される書き込みキャパシティーが少なくなります。現行バージョンの利点は次のとおりです。

  • ソーステーブルとターゲットテーブルはまとめて管理され、スループット、TTL 設定、自動スケーリング設定、その他の有益な属性について自動的に調整されます。

  • グローバルセカンダリインデックスも調整されます。

  • データが入力されたテーブルから新しいレプリカテーブルを動的に追加できます。

  • レプリケーションの管理に必要なメタデータ属性は非表示になっているため、レプリケーションで問題が発生する原因となる、その書き込みの防止に役立ちます。

  • 現行バージョンは、レガシーバージョンよりも多くのリージョンをサポートしており、既存のテーブルでリージョンを追加または削除できます。これはレガシーバージョンではサポートされていません。

  • グローバルテーブルバージョン 2019.11.21 (現行) は、グローバルテーブルバージョン 2017.11.29 (レガシー) よりも効率的で,消費する書き込みキャパシティが少ないため、費用対効果が高くなります。具体的な説明:

    • あるリージョンに新しい項目を挿入してから他のリージョンにレプリケートするには、バージョン 2017.11.29 (レガシー) ではリージョンごとに 2 つの rWCU が必要ですが、バージョン 2019.11.21 (現行) では 1 つの rWCU しか必要ありません。

    • 項目を更新するには、バージョン 2017.11.29 (レガシー) ではソースリージョンに 2 つの rWCU、レプリケーション先リージョンごとに 1 つの rWCU が必要ですが、バージョン 2019.11.21 (現行) では、ソースまたはレプリケーション先ごとに 1 つの rWCU しか必要ありません。

    • 項目を削除するには、バージョン 2017.11.29 (レガシー) ではソースリージョンに 1 つの rWCU、レプリケーション先リージョンごとに 2 つの rWCU が必要ですが、バージョン 2019.11.21 (現行) では、ソースまたはレプリケーション先ごとに 1 つの rWCU しか必要ありません。

    詳細については、「Amazon DynamoDB の料金表」を参照してください。

CLI を通じたバージョンの確認

AWS CLI を通じて、使用しているグローバルテーブルのバージョンを確認するには、DescribeTableDescribeGlobalTable をチェックします。DescribeTable では、バージョン 2019.11.21 (最新) の場合はテーブルバージョンが表示され、バージョン 2017.11.29 (レガシー) の場合は DescribeGlobalTable プロパティにテーブルバージョンが表示されます。

コンソールを通じたバージョンの確認

コンソールを通じたバージョンの確認

コンソールを通じて使用しているグローバルテーブルのバージョンを確認するには、以下を実行します。

  1. DynamoDB コンソール (https://console.aws.amazon.com/dynamodb/home) を開きます。

  2. コンソールの左側のナビゲーションペインで、[テーブル] を選択します。

  3. 使用するテーブルを選択します。

  4. [グローバルテーブル] タブを選択します。

  5. [グローバルテーブルのバージョン] に、使用しているグローバルテーブルのバージョンが表示されます。

バージョン 2017.11.29 (レガシー) からバージョン 2019.11.21 (現行) へのグローバルテーブルのアップグレードについては、こちらを参照してください。アップグレードプロセス全体は、ライブテーブルの中断なしで、1 時間以内に完了します。詳細については、「2019.11.21 (現行) への更新」を参照してください。

注記
  • [グローバルテーブルバージョン] メッセージがコンソールに表示されない場合は、別のリージョンに同じ名前のテーブルがもう 1 つあることを意味します。この場合、現在のテーブルをグローバルテーブルにすることはできません。現在のテーブルを一意の名前の新しいテーブルにコピーするか、同じ名前の他のすべてのテーブルを削除する必要があります。

  • グローバルテーブルバージョン 2019.11.21 (現行) を使用しており、Time to Live 機能も使用している場合、DynamoDB は TTL による削除をすべてのレプリカテーブルにレプリケートします。最初の TTL 削除では、TTL 有効期限が発生するリージョンでの書き込みキャパシティーは消費されません。ただし、レプリカテーブルにレプリケートされた TTL 削除では、プロビジョンドキャパシティーを使用する場合は、レプリケートされた書き込みキャパシティーユニットが消費され、オンデマンドのキャパシティーモードを使用する場合は、レプリケートされた書き込みが各レプリカリージョンで消費されます。該当する料金が適用されます。

  • グローバルテーブルバージョン 2019.11.21 (現行) では、TTL 削除が発生すると、すべてのレプリカリージョンにレプリケートされます。これらのレプリケートされた書き込みには、type または principalID プロパティが含まれません。これにより、レプリケートされたテーブル内でユーザー削除と TTL 削除を区別することが難しくなります。