Amazon によるモニタリング CloudWatch - Amazon DynamoDB

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon によるモニタリング CloudWatch

を使用して Amazon DynamoDB をモニタリングすることで CloudWatch、DynamoDB から raw データを収集し、リアルタイムに近い読み取り可能なメトリクスに加工することができます。これらの統計は一定期間保持されるため、履歴情報にアクセスしてウェブアプリケーションまたはサービスの動作をより的確に把握することができます。デフォルトでは、DynamoDB メトリクスデータは CloudWatch に自動的に送信されます。詳細については、「Amazon ユーザーガイド」の「Amazon CloudWatchとは」および「メトリクスの保持 CloudWatch 」を参照してください。

DynamoDB メトリクスの使用方法

DynamoDB によってレポートされるメトリクスが提供する情報は、さまざまな方法で分析できます。以下のリストは、メトリクスの一般的な利用方法をいくつか示しています。ここで紹介するのは開始するための提案事項です。すべてを網羅しているわけではありません。

目的

関連するメトリクス

How can I monitor the rate of TTL deletions on my table?

指定した期間 TimeToLiveDeletedItemCount をモニタリングして、テーブルの TTL 削除の割合を追跡できます。TimeToLiveDeletedItemCount メトリクスを使用するサーバーレスアプリケーションの例については、「Automatically archive items to S3 using DynamoDB Time to Live (TTL) with AWS Lambda and Amazon Kinesis Data Firehose」(AWS Lambda とAmazon Kinesis Firehose で DynamoDB の TTL を利用して項目をS3に自動アーカイブする) を参照してください。

How can I determine how much of my provisioned throughput is being used?

指定した期間 ConsumedReadCapacityUnits または ConsumedWriteCapacityUnits をモニタリングし、プロビジョニング済みスループットの使用量を追跡できます。

How can I determine which requests exceed the provisioned throughput quotas of a table?

リクエスト内で任意のイベントがプロビジョニングされたスループットクォータを超過した場合、ThrottledRequests は 1 ずつ増加します。次に、どのイベントがリクエストをスロットリングしているかについてのインサイトを取得するには、ThrottledRequests とテーブルおよびそのインデックスの ReadThrottleEvents メトリクスと WriteThrottleEvents メトリクスを比較します。

How can I determine if any system errors occurred?

SystemErrors をモニタリングして HTTP 500 (サーバーエラー) コードを発生させたリクエストがあるかどうかを判断できます。通常、このメトリクスはゼロであるべきです。そうでない場合は、調査することをお勧めします。

注記

項目の操作中に内部サーバーエラーが発生することがあります。これはテーブルの存続期間中に発生すると予想されます。失敗したリクエストは速やかに再試行できます。

DynamoDB レスポンスタイムの理解と分析

レイテンシーを分析するときは、一般的に平均値を確認するのが最善です。時折レイテンシーが急上昇しても問題ありません。ただし、平均レイテンシーが高い場合は、根本的な問題が原因である可能性があります。

レイテンシーには、API レイテンシーとサービス側のレイテンシーの 2 つのカテゴリがあります。DynamoDB の API レイテンシーは、以下のプロセスのステップ 1~11 で測定されます。サービス側のレイテンシーは、API がリクエストルーターに到達した瞬間 (ステップ 4) から、RR が結果をアプリケーションユーザーに送り返す時間 (ステップ 11) まで測定されます。Amazon CloudWatch メトリクス を使用して、サービス側のレイテンシーを分析できますSuccessfulRequestLatency

アプリケーションが DynamoDB テーブルに対して GetItem オペレーションを発行するなど、DynamoDB に対して DynamoDB API コールを実行するときは、次のステップが実行されます。

  1. アプリケーションは、ローカル DNS サーバーを使用して DynamoDB パブリックエンドポイントを解決します。

  2. アプリケーションは、ステップ 1 で解決した IP アドレスに接続し、API コールを実行します。

  3. DynamoDB パブリックエンドポイントはリクエストを受け取り、リクエストルーター (RR) と呼ばれるコンポーネントに転送します。

  4. API リクエストがリクエストルータ (RR) に到達すると、RR は API コールの認証と承認を行います。また、RR はこの段階でスロットリングチェックも行います。

  5. すべてのチェックが完了すると、Request Router (RR) は API リクエストから取得したパーティションキー値のハッシュを作成します。ハッシュ値に基づいて、Request Router (RR) はパーティション情報 (ストレージノード) の詳細を検索します。

  6. ストレージノードは、顧客テーブルデータが保存されているサーバーを表します。1 つのパーティション (プライマリキーまたはパーティションキーと混同しないでください) は、3 つのストレージノードのセットで構成されます。これら 3 つのストレージノードのうち、1 つのノードがそのパーティションのリーダーとして機能し、残りの 2 つのノードがフォロワーとして機能します。

  7. API コールが書き込みリクエストであるか、強力な整合性のある読み込みリクエストである場合、Request Routers (RR) はそのパーティションのリーダーノードを見つけ、API リクエストをその特定のノードに転送します。結果整合性のある読み込みリクエストが発生した場合、Request Routers (RR) はリクエストをそのパーティションのリーダーノードまたはいずれかのフォロワーノードにランダムに転送します。

  8. 通常の状況では、リクエストルーターは最初にストレージノードへの到達を試みます。この試みが失敗すると、RR はストレージノードに到達するために複数回再試行します。ストレージノードに接続している間、RR は常に既存の試行に十分な時間をかけてから、別の SN への接続を試みます。これは内部マイクロサービスの再試行であり、設定可能な SDK の再試行ではありません。

  9. この段階で API リクエストはストレージノード (SN) レイヤーに到達します。SN はその処理を開始し、API コールに応じてデータの読み取りまたは書き込みを行います。

  10. API リクエストが正常に処理されると、ストレージノード (SN) はリクエストの発信元である RR に結果またはレスポンスコードを返します。

  11. 最後に、リクエストルーターは結果をカスタマーアプリケーションに転送します。


                    DynamoDB API コールのステップ
注記
  • GetItemPutItem など、ほとんどのアトミックオペレーションでは、1 桁ミリ秒単位の平均レイテンシーが期待できます。QueryScan などの非アトミックオペレーションのレイテンシーは、結果セットのサイズや、クエリ条件とフィルターの複雑さなど、多くの要因によって変わります。

  • DynamoDB は、アプリケーションが DynamoDB パブリックエンドポイントに接続するのにかかる時間や、アプリケーションがパブリックエンドポイントから結果をダウンロードするのにかかる時間を測定しません。