Amazon DynamoDB
開発者ガイド (API バージョン 2012-08-10)

ユーザー設定の操作

デフォルト設定の一部を Amazon DynamoDB コンソールで設定できます。たとえば、[項目] タブにアクセスする際に使用するデフォルトのクエリタイプを変更できます。IAM ユーザーとしてコンソールにサインインしている場合は、コンソールの使い方に関する情報を保存できます。この情報はユーザー設定とも呼ばれ、コンソールを使用するたびに保存および適用されます。DynamoDB コンソールにアクセスするたびに、これらの設定が IAM ユーザーのすべての AWS リージョンにおけるすべてのテーブルに適用されます。テーブル固有またはリージョン固有のものではありません。AWS CLI、DynamoDB API、または DynamoDB と連携する他のサービスとのやり取りには影響しません。

ユーザー設定を保存しなくても、コンソールページの個々の設定を変更することはできます。これらの選択肢は、コンソールウィンドウを閉じるまで保持されます。コンソールに戻ると、保存されているユーザー設定が適用されます。

注記

ユーザー設定は、IAM ユーザーのみが使用可能です。フェデレーティッドアクセス、一時アクセス、または AWS アカウントルートユーザーを使用してコンソールにアクセスする場合は、設定できません。

ユーザー設定には以下が含まれます。

  • Table detail view mode (テーブル詳細表示モード): テーブル固有の情報すべてを、縦並び、横並び、または全画面 (有効にしてもナビゲーションバーは表示されます) で表示します。

  • Show navigation bar (ナビゲーションバーの表示): 左側にナビゲーションバーを表示するには、このオプションを有効にします (展開)。無効にすると、ナビゲーションバーを自動的に折りたたみます (右のシェブロンを使用して展開できます)。

  • Default entry page (Dashboard or Tables) (デフォルトのエントリーページ (ダッシュボードまたはテーブル)): DynamoDB にアクセスしたときにロードされるページを選択します。このオプションはダッシュボードページまたはテーブルページをそれぞれ自動的にロードします。

  • Items editor mode (Tree or Text) (項目エディタモード (ツリーまたはテキスト)): 項目を作成または編集するときに使用するデフォルトのエディタモードを選択します。

  • Items default query type (Scan or Query) (項目のデフォルトのクエリタイプ (スキャンまたはクエリ)): [項目] タブにアクセスするときに使用するデフォルトのクエリタイプを選択します。[項目] タブにアクセスしたときに実行される自動スキャンオペレーションを有効または無効にする場合は、[スキャン] を選択します。

  • Automatic scan operation when accessing the items tab ([項目] タブにアクセスするときに自動スキャンオペレーションを実行): [スキャン] が項目のデフォルトのクエリタイプであり、この設定を有効にしている場合、[項目] タブにアクセスすると自動スキャンオペレーションが実行されます。この設定を無効にした場合は、[項目] タブで [検索の開始] を選択してスキャンを実行できます。

ユーザー設定の表示と保存

DynamoDB コンソールのユーザー設定を表示および変更することができます。これらの設定は、DynamoDB コンソールで IAM ユーザーにのみ適用されます。これらは、AWS アカウントの他の IAM ユーザーには影響しません。

IAM ユーザー用の DynamoDB コンソールで設定を表示および保存する方法

  1. https://console.aws.amazon.com/dynamodb/ にある DynamoDB コンソールを開きます。

    IAM ユーザーとしてサインインします。他のユーザータイプのユーザー設定を構成することはできません。

  2. タイトルバーナビゲーションで、[Preferences (設定)] を選択します。

  3. [Preferences (設定)] で、設定を変更します。

    以下のいずれかを行います。

    • 変更を保存して適用するには [保存] を選択します。

    • DynamoDB コンソールのデフォルト設定を表示するには、[Restore (復元)] を選択します。これらのデフォルトは、[保存] を選択した場合に適用されます。

      デフォルト設定は次のとおりです。

      • Table detail view mode (テーブル詳細表示モード):

      • Show navigation bar (ナビゲーションバーの表示): あり

      • Default entry page (デフォルトの入力ページ): ダッシュボード

      • Items editor mode (項目エディタモード): ツリー

      • Items default query type (項目のデフォルトクエリタイプ): スキャン

      • Automatic scan operation when accessing the items tab ([項目] タブにアクセスするときに自動スキャンオペレーションを実行): あり

    • 元のコンソールページに戻るには、[戻る] を選択します。または、[ダッシュボード] を選択して DynamoDB ダッシュボードページに移動します。

このページの内容: