ブランチへのアクセスを制限する - AWS Amplifyホストする

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ブランチへのアクセスを制限する

未リリースの機能に取り組んでいる場合は、公開される準備ができていない機能ブランチをパスワードで保護できます。ブランチにアクセス制御が設定されている場合、ユーザーがブランチの URL にアクセスしようとすると、ユーザー名とパスワードの入力を求められます。

フィーチャーブランチにパスワードを設定するには

  1. AWS Management Consoleにログインし、Amplify コンソールを開きます

  2. フィーチャーブランチパスワードを設定したいアプリを選択します。

  3. ナビゲーションペインで [アプリ設定] を選択し、[アクセス制御] を選択します。

  4. アクセス制御設定」セクションで、「アクセス管理」を選択します。

    
               アプリに接続されているブランチを一覧表示する「アクセス制御設定」セクションのスクリーンショット。
  5. アクセス制御設定で、次のいずれかを実行します。

    • 接続しているすべての支店に適用されるユーザー名とパスワードを設定するには、「グローバルパスワードを適用する」をオンにします。たとえば、メインブランチ開発ブランチフィーチャーブランチが接続されている場合、グローバルパスワードを使用してすべてのブランチに同じユーザー名とパスワードを設定できます。

    • ユーザー名とパスワードを個々のブランチに適用するには、「グローバルパスワードの適用」をオフにします。一意のユーザー名とパスワードを設定したいブランチでは、アクセス設定で制限付きパスワードが必要を選択し、ユーザー名とパスワードを入力します。

    
               グローバルまたはブランチごとにパスワードを適用するオプションを示す、ブランチアクセスセクションのスクリーンショット。
  6. サーバーサイドレンダリング (SSR) アプリのアクセス制御を管理している場合は、Git リポジトリから新しいビルドを実行してアプリを再デプロイします。このステップは、Amplifyがアクセス制御設定を適用できるようにするために必要です。