モニタリング - AWS Amplify ホスティング

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

モニタリング

AWS Amplify は Amazon を通じてメトリクスを出力 CloudWatch し、アプリケーションに対して行われたリクエストに関する詳細情報を含むアクセスログを提供します。このセクションのトピックを利用して、これらのメトリクスとログによってアプリを監視する方法を学びます。

によるモニタリング CloudWatch

AWS Amplify は Amazon と統合されているため CloudWatch、Amplify アプリケーションのメトリクスをほぼリアルタイムでモニタリングできます。メトリックが設定したしきい値を超えたときに通知を送信するアラームを作成できます。 CloudWatch サービスの仕組みの詳細については、「Amazon CloudWatch ユーザーガイド」を参照してください。

メトリクス

Amplify は、アプリケーションのトラフィック、エラー、データ転送、レイテンシーをモニタリングするために、 AWS/AmplifyHosting名前空間で 6 つの CloudWatch メトリクスをサポートしています。これらのメトリクスは 1 分間隔で集計されます。 CloudWatch モニタリングメトリクスは無料で、CloudWatch サービスクォータ にはカウントされません。

利用可能なすべての統計が必ずしもすべてのメトリクスに適用可能であるとは限りません。次の表では、最も関連性の高い統計を各メトリクスの説明にまとめています。

メトリクス 説明

リクエスト

アプリが受信したビューアリクエストの合計数。

最も関連性の高い統計はSumです。リクエストの合計数を得るには、Sum 統計を使います。

BytesDownloaded

リクエストに対して視聴者がアプリから転送 (ダウンロード) したデータGETHEADOPTIONSの総量 (バイト単位) 。

最も関連性の高い統計はSumです。

BytesUploaded

アプリに転送 (アップロード) されたデータの総量 (POSTPUTの使用量とリクエスト数) をバイト単位で表したものです。

最も関連性の高い統計はSumです。

4XXErrors

HTTP ステータスコード 400~499 の範囲のエラーを返したリクエストの数。

最も関連性の高い統計はSumです。これらのエラーの出現総数を取得するために、Sum統計を使用します。

5XXErrors

HTTPステータスコード500~599の範囲のエラーを返したリクエストの数。

最も関連性の高い統計はSumです。これらのエラーの出現総数を取得するために、Sum統計を使用します。

レイテンシー

最初のバイトまでの時間 (秒単位)。Amplify ホスティングがリクエストを受け取ってから、ネットワークにレスポンスを返すまでの総時間。視聴者のデバイスに到達するレスポンスに発生したネットワークレイテンシーは含まれません。

最も関連性の高い統計はAverageMaximumMinimump10p50p90p95p100です。

予測されるレイテンシーを評価するためにAverage統計を使用します。

Amplify は、次の CloudWatch メトリクスディメンションを提供します。

ディメンション 説明

アプリケーション

指標データはアプリによって提供されます。

AWS アカウント

メトリクスデータは、 のすべてのアプリで提供されます AWS アカウント。

CloudWatch メトリクスには、https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/ AWS Management Console でアクセスできます。または、次の手順に従って、Amplify コンソールのメトリクスにアクセスできます。

Amplify コンソールを使用してメトリクスにアクセスするには
  1. にサインイン AWS Management Console し、Amplify コンソール を開きます。

  2. メトリクスを表示するアプリを選択します。

  3. ナビゲーションペインで、[アプリの設定][モニタリング]の順に選択します。

  4. [概要]ページで、[メトリクス]を選択します。

アラーム

特定の基準が満たされたときに通知を送信する CloudWatch アラームを Amplify コンソールで作成できます。アラームは 1 つの CloudWatch メトリクスを監視し、メトリクスが指定された評価期間数のしきい値を超えたときに Amazon Simple Notification Service 通知を送信します。

コンソールまたは CloudWatch APIs を使用して、メトリクスの数式 CloudWatchを使用するより高度なアラームを作成できます。例えば、4XXErrorsの割合が 3 つの連続期間で 15% を超えたときに通知するアラームを作成できます。詳細については、「Amazon CloudWatch ユーザーガイド」の「メトリクス数式に基づく CloudWatch アラームの作成」を参照してください。

アラームには標準 CloudWatch 料金が適用されます。詳細については、「Amazon CloudWatch の料金」を参照してください。

次の手順に従って、Amplify コンソールを使用することで ドメインを作成します。

Amplify メトリクスの CloudWatch アラームを作成するには
  1. にサインイン AWS Management Console し、Amplify コンソール を開きます。

  2. アラームをセットアップするクォータを選択します。

  3. ナビゲーションペインで、[組織の設定][モニタリング]の順に選択します。

  4. [モニタリング]ページで、[アラーム]を選択します。

  5. [アラームを作成] を選択します。

  6. アラームの作成」ウィンドウで、アラームを次のように設定します。

    1. メトリックを監視するには、メトリック名をリストから選択します。

    2. [アラーム名] に、アラームに意味のある名前を入力します。例えば、リクエストを監視している場合、アラームにHighTrafficという名前を付けることができます。名前には ASCII 文字のみを使用します。

    3. [通知を設定]については、次のいずれかを実行します。

        1. 次の手順に従って、新規を選択して Amazon SNS の新しいトピックを作成します。

        2. [Eメールアドレス] には、通知の受信者の Eメールアドレスを入力します。

        3. 受信者を追加するには、[新しいメールアドレスを追加]を選択します。

        1. Amazon SNS のトピックを再度利用するには、既存を選択します。

        2. SNS topic (SNS トピック) では、 リストから既存のAmazon SNS ピックの名前を選択します。

    4. Wheneverメトリックの統計」では、アラームの条件を次のように設定します。

      1. メトリクスがしきい値より大きい、小さい、またはしきい値と等しいのいずれかを指定します。

      2. しきい値を指定します。

      3. アラームを呼び出すためにアラーム状態にある必要がある連続する評価期間の数を指定します。

      4. 評価期間の長さを指定します。

    5. [アラームを作成] を選択します。

注記

指定した各 Amazon SNS 受信者には、 AWS 通知から確認メールが届きます。E メールには、受信者が購読を確認して通知を受け取るために必要なリンクが含まれています。

Amazon CloudWatch Logs for SSR アプリ

Amplify は Next.js ランタイムに関する情報を の Amazon CloudWatch Logs に送信します AWS アカウント。SSR アプリをデプロイする場合、アプリには、ユーザーの代わりに他のサービスを呼び出す際に Amplify が引き受けるIAMサービスロールが必要です。Amplify ホスティングコンピューティングにサービスロールを自動的に作成させることも、作成したロールを指定することもできます。

Amplify が IAM ロールを作成することを許可することを選択した場合、そのロールには CloudWatch ログを作成するアクセス許可が既に付与されています。独自の IAM ロールを作成する場合、Amplify が Amazon CloudWatch Logs にアクセスできるようにするには、ポリシーに次のアクセス許可を追加する必要があります。

logs:CreateLogStream logs:CreateLogGroup logs:DescribeLogGroups logs:PutLogEvents

サービスロールの詳細については、「サービスロールの追加」を参照してください。サーバー側でレンダリングされたアプリを展開する詳細については、Amplify ホスティングを使用してサーバー側でレンダリングされたアプリをデプロイしますを参照してください。

アクセスログ

Amplify は、Amplify でホストしているすべてのアプリのアクセスログを保存します。アクセスログには、ホストされているアプリに対して行われたリクエストに関する情報が含まれています。Amplify は、アプリを削除するまで、アプリのすべてのアクセスログを保持します。アプリのすべてのアクセスログは、Amplify コンソールで使用できます。ただし、アクセスログに対する個々のリクエストは、指定した 2 週間に制限されます。

Amplify は、顧客間で CloudFront ディストリビューションを再利用することはありません。Amplify はディス CloudFront トリビューションを事前に作成するため、 CloudFront新しいアプリケーションをデプロイするときにディストリビューションが作成されるのを待つ必要はありません。これらのディストリビューションが Amplify アプリに割り当てられる前に、ボットからトラフィックを受信する可能性があります。ただし、割り当てられる前は常に「見つかりません」と応答するように設定されています。アプリのアクセスログにアプリを作成する前の期間のエントリーが含まれている場合、これらのエントリーはこのアクティビティに関連しています。

重要

ログは、すべてのリクエストを完全に課金するためのものではなく、コンテンツに対するリクエストの本質を把握するものとして使用することをお勧めします。CloudFront はベストエフォートベースでアクセスログを提供します。特定のリクエストのログエントリが、リクエストが実際に処理されてからかなり後に配信されることも、(まれに) 一切配信されないこともあります。ログエントリがアクセスログから省略された場合、アクセスログのエントリ数は、 AWS 請求レポートと使用状況レポートに表示される使用状況と一致しません。

アプリケーションのアクセスログを取得するには、次の手順に従います。

アクセスログを表示するには
  1. にサインイン AWS Management Console し、Amplify コンソール を開きます。

  2. ログを表示するアプリを選択します。

  3. ナビゲーションペインで、ホスティング を選択し、モニタリング を選択します。

  4. [監視] ページで [アクセスログ] を選択します。

  5. [時間範囲の編集] を選択します。

  6. 時間範囲の編集ウィンドウで、次の操作を行います。

    1. 開始日 には、ログを取得する 2 週間間隔の最初の日を指定します。

    2. [開始時間] では、ログの取得を開始する最初の日の時間を選択します。

    3. [確認] を選択します。

  7. Amplify コンソールのアクセスログセクションには、指定した時間範囲のログが表示されます。[ダウンロード] を選択すると、ログが CSV 形式で保存されます。

アクセスログの分析

アクセスログを分析するには、CSV ファイルを Amazon S3 バケットに保存します。アクセスログを分析する方法の 1 つとして Athena を使用する方法があります。Athena は、 サービスのデータの分析に役立つインタラクティブなクエリ AWS サービスです。step-by-step こちらの手順に従ってテーブルを作成できます。テーブルを作成した後、次のようにデータをクエリすることができます。

SELECT SUM(bytes) AS total_bytes FROM logs WHERE "date" BETWEEN DATE '2018-06-09' AND DATE '2018-06-11' LIMIT 100;