モニタリング - AWS Amplifyホスティング

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

モニタリング

AWS AmplifyAmazon を通じてメトリクスを発行する CloudWatch およびアクセスログには、アプリに対して行われた各リクエストに関する詳細情報が表示されます。このセクションのトピックを使用して、これらのメトリクスとログを使用することでアプリを監視する方法を学習します。

CloudWatch によるモニタリング

AWS Amplifyは Amazon CloudWatch と統合されているため、Amplify アプリケーションのメトリクスをほぼリアルタイムでモニタリングできます。設定したしきい値を超えるメトリクスが発生した場合に通知を送信するアラームを作成できます。の仕組みの詳細については、 CloudWatch サービスが機能する。アマゾン CloudWatch ユーザーガイド

メトリクス

Amplify のサポートは CloudWatch の「メトリクス」AWS/AmplifyHostingアプリのトラフィック、エラー、データ転送、レイテンシーを監視するための名前空間。これらのメトリックは、1 分間隔で集計されます。 CloudWatch モニタリング指標は無料で、CloudWatch サービスのクォータ

すべての利用可能な統計がすべてのメトリクスに適用可能であるとは限りません。次の表では、各メトリックの説明に、最も関連性の高い統計情報を示します。

メトリクス 説明

リクエスト

アプリで受信したビューワーリクエストの総数。

最も関連性の高い統計はSum。を使用するSumリクエストの総数を取得するための統計です。

BytesDownloaded

視聴者がアプリから転送 (ダウンロード) したデータの合計量 (バイト)GET,HEAD, およびOPTIONSリクエスト.

最も関連性の高い統計はSum

BytesUploaded

アプリに転送された(アップロードされた)データの総量(バイト単位)POSTそしてPUTリクエスト.

最も関連性の高い統計はSum

4XXErrors

HTTP ステータスコード 400-499 の範囲でエラーを返したリクエストの数。

最も関連性の高い統計はSum。を使用するSumこれらのエラーの出現総数を取得するための統計です。

5XXErrors

HTTP ステータスコード 500-599 の範囲でエラーを返したリクエストの数。

最も関連性の高い統計はSum。を使用するSumこれらのエラーの出現総数を取得するための統計です。

レイテンシー

最初のバイトまでの時間 (秒)。Amplify Console がリクエストを受け取ってから、ネットワークへのレスポンスを返すまでの合計時間です。視聴者のデバイスに到達するレスポンスに発生したネットワークレイテンシーは含まれません。

最も関連性の高い統計はAverage,Maximum,Minimum,p10,p50,p90,p95, およびp100

を使用するAverage予想されるレイテンシーを評価するための統計です。

Amplify は次のものを提供します CloudWatch メトリクスディメンション。

ディメンション 説明

アプリケーション

指標データはアプリによって提供されます。

AWS アカウント

メトリックスデータは、内のすべてのアプリに渡って提供されます。AWSアカウント.

にアクセスすることができます CloudWatch の「メトリクス」AWS Management Consoleでhttps://console.aws.amazon.com/cloudwatch/。または、次の手順に従って Amplify コンソールでメトリクスにアクセスできます。

Amplify コンソールでメトリックスにアクセスするには

  1. にサインインします。AWS Management Console[] を開き、コンソールAmplify

  2. メトリクスを表示するアプリを選択します。

  3. ナビゲーションペインで [] を選択します。アプリの設定,Monitoring

  4. リポジトリの []Monitoring[] ページで、のメトリクス

Alarms

は作成することができます。 CloudWatch Amplify コンソールで特定の基準が満たされたときに通知を送信するアラーム。アラームは、シングルを監視します。 CloudWatch メトリクスが指定した評価期間数にわたってメトリクスがしきい値を超えると、Amazon Simple Notification Service 通知を送信します。

CloudWatch コンソールまたはを使用して、メトリクスの数式を使用するより高度なアラームを作成できます。 CloudWatch API。たとえば、3 回連続して 4xxErrors が 15% を超えたときに通知するアラームを作成できます。詳細については、次を参照してください。の作成 CloudWatch メトリクスの数式に基づくアラームアマゾン CloudWatch ユーザーガイド

Standard CloudWatch 料金はアラームに適用されます。詳細については、Amazon CloudWatch の料金を参照してください。

次の手順に従って、Amplify コンソールでアラームを作成します。

を作成するには CloudWatch Amplify メトリクスのアラーム

  1. にサインインします。AWS Management Console[] を開き、コンソールAmplify

  2. アラームを設定するアプリを選択します。

  3. ナビゲーションペインで [] を選択します。アプリの設定,Monitoring

  4. リポジトリの []Monitoring[] ページで、アラーム

  5. [アラームの作成] を選択します。

  6. アラームの作成[] ウィンドウで、アラームを次のように設定します。

    1. を使用する場合メトリクス[] で、リストからモニタリングするメトリクスの名前を選択します。

    2. を使用する場合アラーム名[] で、アラームのわかりやすい名前を入力します。たとえば、監視している場合リクエストで、アラームにという名前を付けます。HighTraffic。名前には ASCII 文字のみを使用します。

    3. を使用する場合通知の設定[] で、次のいずれかを実行します。

        1. 選択新規[] をクリックして、新しい Amazon SNS トピックを設定します。

        2. を使用する場合E メールアドレスで、通知の受取人のメールアドレスを入力します。

        3. 選択新しいメールアドレスを追加する[] をクリックして、他の受信者を追加します。

        1. 選択Existing[] をクリックして Amazon SNS トピックを再利用します。

        2. を使用する場合SNS トピックで、リストから既存の Amazon SNS トピックの名前を選択します。

    4. を使用する場合EveryStatisticメトリクス[] で、アラームの条件を次のように設定します。

      1. メトリクスがしきい値より大きい、より小さい、またはしきい値に等しいかどうかを指定します。

      2. しきい値を指定します。

      3. アラームをトリガーするためにアラーム状態になる必要がある連続評価期間の数を指定します。

      4. 評価期間の長さを指定します。

    5. [アラームの作成] を選択します。

注記

指定した各 Amazon SNS 受信者は、から確認メールを受信します。AWS通知. メールには、受信者がサブスクリプションを確認して通知を受け取るためにフォローする必要があるリンクが含まれています。

アクセスログ

Amplify は、Amplify でホストするすべてのアプリのアクセスログを保存します。アクセスログには、ホストされているアプリに対して行われたすべてのリクエストに関する情報が含まれています。これらのアクセスログは、指定した 2 週間の期間について取得できます。

アクセスログを取得するには、次の手順を使用します。

アクセスログを表示するには

  1. にサインインします。AWS Management Console[] を開き、コンソールAmplify

  2. アクセスログを表示するアプリを選択します。

  3. ナビゲーションペインで [] を選択します。アプリの設定,Monitoring

  4. リポジトリの []Monitoring[] ページで、アクセスログ

  5. 選択時間範囲の編集

  6. 時間範囲の編集ウィンドウ、開始日ログを取得する 2 週間の間隔の最初の日を指定します。を使用する場合開始時間で、ログの取得を開始する最初の日の時刻を選択します。

  7. 指定した時間範囲のログがコンソールに表示されます。アクセスログセクションに追加します。選択のダウンロードをクリックして、ログを CSV 形式で保存します。

アクセスログの分析

アクセスログを分析するために、CSV ファイルを Amazon S3 バケットに保存できます。アクセスログを分析する方法の 1 つとして Athena を使用する方法があります。Athena は、データを分析できる対話式のクエリサービスです。AWSのサービス。フォローすればいいよ手順はここにあります。テーブルを作成します。テーブルが作成されたら、次のようにデータをクエリできます。

SELECT SUM(bytes) AS total_bytes FROM logs WHERE "date" BETWEEN DATE '2018-06-09' AND DATE '2018-06-11' LIMIT 100;