ビルド時にAmplifyコンフィグを自動生成 - AWS Amplifyホストする

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ビルド時にAmplifyコンフィグを自動生成

Amplify は、Amplifyaws-exports.js 設定ファイルのビルド時の自動生成をサポートしています。フルスタック CI/CD デプロイをオフにすることで、aws-exports.jsアプリでファイルを自動生成し、ビルド時にバックエンドが更新されないようにします。

aws-exports.jsビルド時に自動生成するには

  1. AWS Management Consoleにログインし、Amplify コンソールを開きます

  2. 編集するアプリを選択します。

  3. [ホスティング環境] タブを選択します。

  4. 編集するブランチを見つけて、[編集] を選択します。

    
                  Amplify コンソールのブランチの [編集] リンクの場所。
  5. 「ターゲットバックエンドの編集」 ページで、「フルスタック連続デプロイメント (CI/CD) を有効にする」をオフにして、このバックエンドのフルスタック CI/CD をオフにします。

    
                  Amplify コンソールで CI/CD をオフにするチェックボックスの場所。
  6. 既存のサービスロールを選択して、アプリのバックエンドを変更するために必要な権限をAmplifyに付与します。サービスロールを作成する必要がある場合は、[Create new role] を選択します。サービスロールの作成の詳細については、「サービスロールの追加」を参照してください。

  7. [Save] (保存) を選択します。Amplify は、次回アプリケーションを構築するときに、これらの変更を適用します。