条件付きバックエンドビルド (Gen 1 アプリケーションのみ) - AWS Amplify ホスティング

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

条件付きバックエンドビルド (Gen 1 アプリケーションのみ)

注記

このセクションの情報は、Gen 1 アプリケーションのみを対象としています。Amplify Gen 2 では、 TypeScriptベースのコードファーストのデベロッパーエクスペリエンスが導入されています。したがって、この機能は Gen 2 バックエンドには必要ありません。

Amplify は、Gen 1 アプリのすべてのブランチで条件付きバックエンドビルドをサポートしています。条件付きバックエンドビルドを設定するには、環境変数 AMPLIFY_DIFF_BACKENDtrue に設定します。条件付きバックエンドビルドを有効にすると、フロントエンドのみに変更が加えられるビルドをスピードアップするのに役立ちます。

差分ベースのバックエンドビルドを有効にすると、各ビルドの開始時に、Amplify はリポジトリ内の amplify フォルダーで差分を実行しようとします。Amplify が差分を見つけられない場合、バックエンドのビルドステップをスキップし、バックエンドリソースを更新しません。プロジェクトのリポジトリに amplify フォルダがない場合、Amplify は環境変数 AMPLIFY_DIFF_BACKEND の値を無視します。環境変数 AMPLIFY_DIFF_BACKEND を設定する手順については、Gen 1 アプリケーションの差分ベースのバックエンドビルドを有効または無効にする を参照してください。

現在、バックエンドフェーズのビルド設定でカスタムコマンドが指定されている場合、条件付きバックエンドビルドは機能しません。これらのカスタムコマンドを実行したい場合は、アプリの amplify.yml ファイルにあるビルド設定のフロントエンドフェーズに移動する必要があります。amplify.yml ファイル更新の詳細については、「ビルド仕様のコマンドと設定」を参照してください。