カスタムビルドイメージとライブパッケージの更新 - AWS Amplifyホストする

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

カスタムビルドイメージとライブパッケージの更新

カスタムビルスイメージ

カスタムビルドイメージを使用して、Amplify アプリ用にカスタマイズされたビルド環境を提供できます。Amplify のデフォルトコンテナを使用して、ビルド中に特定の依存関係をインストールするのに長い時間がかかる場合は、独自の Docker イメージを作成してビルド中に参照することができます。イメージは Amazon Elastic Container Registry パブリックでホストできます

注記

ビルドの設定Amplify コンソールで表示できます。アプリの設定メニューは、アプリが継続的デプロイ用に設定され、git リポジトリに接続されている場合のみです。このタイプの展開の手順については、を参照してください。既存のコードの使用開始

カスタムビルドイメージの設定

Amazon ECR でホストされるカスタムビルドイメージを設定するには

  1. 「」を参照してください。開始方法Amazon ECR 公開ユーザーガイドDocker イメージを使用して Amazon ECR パブリックリポジトリをセットアップします。

  2. にサインインします。AWS Management Console[] を開き、コンソールAmplify

  3. カスタムビルドイメージを設定する対象のアプリを選択します。

  4. ナビゲーションペインで、[] を選択します。アプリの設定,ビルドの設定

  5. リポジトリの []ビルドの設定[] ページで次の操作を行います。ビルドイメージの設定[] セクションで、編集

  6. ビルドイメージ設定の編集] ダイアログボックスで、[] を展開します。ビルドイメージメニューを選択し、ビルドイメージ

  7. ステップ 1 で作成した Amazon ECR 公開リポジトリの名前を入力します。ビルドイメージがホストされる場所です。たとえば、レポの名前がecr-examplerepo[] を入力するpublic.ecr.aws/xxxxxxxx/ecr-examplerepo

  8. [Save] (保存) を選択します。

カスタムビルドイメージの要件

カスタムビルドイメージを Amplify ビルドイメージとして使用するには、次の要件を満たす必要があります。

  1. cURL: カスタムイメージを起動すると、ビルドランナーがコンテナにダウンロードされるため、cURL が必要です。この依存関係が欠落している場合は、build-runner で出力を生成できないため、ビルドは何も出力することなく即座に失敗します。

  2. Git: Git リポジトリのクローンを作成するには、Git をイメージにインストールする必要があります。この依存関係が欠落している場合、「リポジトリのクローンを作成する」ステップは失敗します。

  3. OpenSSH: リポジトリのクローンを安全に作成するには、OpenSSH を使用して、ビルド中に一時的に SSH キーを設定する必要があります。OpenSSH パッケージには、ビルドランナーでこれを行うのに必要なコマンドが揃っています。

  4. (NPM ベースのビルド) Node.js+NPM: ビルドランナーでは Node はインストールされませんが、イメージにインストールされている Node と NPM に依存します。これは、NPM パッケージまたはノード固有のコマンドを必要とするビルドにのみ必要です。

ライブパッケージのアップデート:

ライブパッケージのアップデートを使用すると、Amplify デフォルトのビルドイメージで使用するパッケージのバージョンと依存関係を指定できます。デフォルトのビルドイメージには、いくつかのパッケージと依存関係がプリインストールされています (例:Hugo、Amplify CLI、Yarn)。ライブパッケージのアップデートでは、これらの依存関係のバージョンを上書きして特定のバージョンを指定するか、常に最新バージョンがインストールされていることを確認できます。ライブパッケージのアップデートが有効になっている場合は、ビルドが実行される前に、ビルドランナーは最初に指定された依存関係を更新 (またはダウングレード) します。これにより、依存関係の更新にかかる時間に比例してビルド時間が長くなりますが、同じバージョンの依存関係を使用してアプリをビルドできるというメリットがあります。

ライブパッケージの更新を構成する

ライブパッケージの更新を構成するには

  1. にサインインします。AWS Management Console[] を開き、コンソールAmplify

  2. ライブパッケージのアップデートを設定する対象のアプリを選択します。

  3. ナビゲーションペインで、[] を選択します。アプリの設定,ビルドの設定

  4. リポジトリの []ビルドの設定[] ページで次の操作を行います。ビルドイメージの設定[] セクションで、編集

  5. ビルドイメージ設定の編集] ダイアログボックスで、[] を展開します。パッケージのバージョンオーバーライドを追加する[] をクリックし、変更するパッケージを選択します。

  6. を使用する場合バージョンの場合は、デフォルトをそのままにします。最新のまたは、依存関係の特定のバージョンを入力します。使用するもの最新のでは、依存関係は利用可能なバージョンに常にアップグレードされます。

  7. [Save] を選択します。