アプリ間でAmplifyバックエンドを使う - AWS Amplifyホストする

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

アプリ間でAmplifyバックエンドを使う

Amplifyを使用すると、特定の地域のすべてのアプリで既存のバックエンド環境を簡単に再利用できます。これは、新しいアプリを作成するとき、新しいブランチを既存のアプリに接続するとき、または既存のフロントエンドを別のバックエンド環境を指すように更新するときに行うことができます。

新しいアプリを作成するときにバックエンドを再利用する

新しい Amplify アプリを作成するときにバックエンドを再利用するには

  1. AWS Management Consoleにログインし、Amplify コンソールを開きます

  2. この例で使用する新しいバックエンドを作成するには、次の手順を実行します。

    1. ナビゲーションペインで、[All apps] を選択します。

    2. [新しいアプリ]、[アプリのバックエンドを作成] を選択します。

    3. アプリケーションの名前 (など) を入力しますExample-Amplify-App

    4. [デプロイを確認] を選択します。

  3. フロントエンドを新しいバックエンドに接続するには、フロントエンド環境タブを選択します

  4. お使いの Git プロバイダーを選択し、Connect branch を選択します。

  5. [リポジトリブランチを追加] ページの [最近更新されたリポジトリ] で、リポジトリ名を選択しますブランチでは、リポジトリから接続するブランチを選択します。

  6. ビルド設定の構成」ページで、次の操作を行います。

    1. [アプリ名] で、バックエンド環境の追加に使用するアプリを選択します。現在のアプリまたは現在のリージョンの他のアプリを選択できます。

    2. [環境] で、追加するバックエンド環境の名前を選択します。既存の環境を使用するか、新しい環境を作成できます。

    3. 既存のサービスロールを選択して、アプリのバックエンドを変更するために必要な権限をAmplifyに付与します。サービスロールを作成する必要がある場合は、[Create new role] を選択します。サービスロールの作成の詳細については、「サービスロールの追加」を参照してください。

    4. デフォルトでは、フルスタック CI/CD は有効になっています。このオプションをオフにすると、このバックエンドのフルスタック CI/CD がオフになります。フルスタック CI/CD をオフにすると、アプリはプル専用モードで実行されます。ビルド時には、aws-exports.js Amplifyはバックエンド環境を変更せずにファイルのみを自動的に生成します。

    5. [Next] (次へ) を選択します。

      
                           これが画像です。
  7. [保存してデプロイ] を選択します。

ブランチを既存のアプリに接続するときにバックエンドを再利用する

ブランチを既存の Amplify アプリに接続するときにバックエンドを再利用するには

  1. AWS Management Consoleにログインし、Amplify コンソールを開きます

  2. 新しいブランチを接続するアプリを選択します。

  3. ナビゲーションペインで、[アプリ設定]、[一般] を選択します。

  4. ブランチセクションで、「ブランチをConnect」を選択します。

  5. [リポジトリブランチの追加] ページの [ブランチ] で、接続するリポジトリのブランチを選択します。

  6. [アプリ名] で、バックエンド環境の追加に使用するアプリを選択します。現在のアプリまたは現在のリージョンの他のアプリを選択できます。

  7. [環境] で、追加するバックエンド環境の名前を選択します。既存の環境を使用するか、新しい環境を作成できます。

  8. アプリのバックエンドを変更するために必要な権限をAmplifyに付与するサービスロールを設定する必要がある場合、コンソールからこのタスクを実行するように求められます。サービスロールの作成の詳細については、「サービスロールの追加」を参照してください。

  9. デフォルトでは、フルスタック CI/CD は有効になっています。このオプションをオフにすると、このバックエンドのフルスタック CI/CD がオフになります。フルスタック CI/CD をオフにすると、アプリはプル専用モードで実行されます。ビルド時には、aws-exports.js Amplifyはバックエンド環境を変更せずにファイルのみを自動的に生成します。

  10. [Next] (次へ) を選択します。

    
                     これが画像です。
  11. [保存してデプロイ] を選択します。

既存のフロントエンドを編集して別のバックエンドを指すようにする

フロントエンド Amplify アプリを編集して別のバックエンドを指すようにするには

  1. AWS Management Consoleにログインし、Amplify コンソールを開きます

  2. バックエンドを編集するアプリを選択します。

  3. フロントエンド環境タブを選択します

  4. 編集するブランチを見つけて、[編集] を選択します。

    
                     Amplify コンソールのブランチの [編集] リンクの場所。
  5. [ターゲットバックエンドの編集] ページの [アプリ名] で、バックエンド環境の追加に使用するアプリを選択します。現在のアプリまたは現在のリージョンの他のアプリを選択できます。

  6. [環境] で、追加するバックエンド環境の名前を選択します。

  7. デフォルトでは、フルスタック CI/CD は有効になっています。このオプションをオフにすると、このバックエンドのフルスタック CI/CD がオフになります。フルスタック CI/CD をオフにすると、アプリはプル専用モードで実行されます。ビルド時には、aws-exports.js Amplifyはバックエンド環境を変更せずにファイルのみを自動的に生成します。

  8. [Save] (保存) を選択します。Amplify は、次回アプリケーションを構築するときに、これらの変更を適用します。

    
                     Amplify コンソールのターゲットバックエンドを編集するページ