アプリのパフォーマンスの管理 - AWS Amplifyホストする

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

アプリのパフォーマンスの管理

Amplify のデフォルトのホスティングアーキテクチャは、ホスティングパフォーマンスとデプロイメントの可用性のバランスを最適化します。詳細については、「インスタントデプロイによるインスタントキャッシュの無効化」を参照してください。

アプリのパフォーマンスをより細かく制御する必要がある上級ユーザー向けに、Amplify Hosting がサポートされています。パフォーマンスモード。パフォーマンスモードは、コンテンツ配信ネットワーク (CDN) エッジにコンテンツをより長い間隔でキャッシュしておくことで、ホスティングパフォーマンスを最適化して高速化します。詳細については、「パフォーマンスモード」を参照してください。

インスタントデプロイによるインスタントキャッシュの無効化

Amplify Hosting は、コードコミットごとに CDN のインスタントキャッシュの無効化をサポートします。これにより、CDN キャッシングのパフォーマンス上のメリットを損なうことなく、単一ページまたは静的アプリに更新を即座にデプロイできます。

Amplify によるキャッシュの無効化の処理方法の詳細については、ブログ投稿を参照してください。AWS Amplifyコンソールでは、コードコミットごとに、インスタントキャッシュの無効化とデルタデプロイメントがサポートされます。


            オリジンまたは CDN キャッシュからのコンテンツリクエストを処理するためのインスタントデプロイモードロジック。

パフォーマンスモード

Amplify Hosting パフォーマンスモードは、コンテンツをより長い間隔で CDN のエッジにキャッシュしておくことで、ホスティングパフォーマンスを最適化して高速化します。パフォーマンスモードを有効にすると、ホスト構成またはコードの変更がデプロイされ、利用可能になるまでに最大 10 分かかることがあります。

パフォーマンスモードは、アプリのパフォーマンスを細かく制御する必要がある上級ユーザーを対象としています。ホスティングのパフォーマンスとデプロイメントの可用性のバランスを最適化するには、デフォルトインスタントデプロイによるインスタントキャッシュの無効化ホスティングアーキテクチャをお勧めします。

アプリのパフォーマンスモードを有効にするには

  1. にサインインします。AWS Management Console[] を開き、コンソールAmplify

  2. パフォーマンスモードを有効にするアプリを選択します。

  3. ナビゲーションペインで、[] を選択します。アプリの設定,全般

  4. 将軍ペインで、[] まで下へスクロールします。ブランチセクションに追加します。パフォーマンスモードを有効にするブランチを選択します。

  5. 選択アクション,パフォーマンスモードを有効にします

  6. パフォーマンスモードを有効にします] ダイアログボックスで、[] を選択します。パフォーマンスモードを有効にします

ヘッダーを使用したキャッシュ保持期間の制御

HTTPCache-Controlヘッダmax-ageそしてs-maxageディレクティブは、アプリのコンテンツキャッシュ期間に影響します。-max-ageディレクティブは、がオリジンサーバーから更新されるまでにコンテンツをキャッシュに保持する期間 (秒単位) をブラウザに通知します。-s-maxageディレクティブの上書きmax-ageまた、がオリジンサーバーからコンテンツが更新されるまでにコンテンツを CDN エッジに保持する期間 (秒単位) を指定できます。Amplify Honorでホストされているアプリは、Cache-Control定義したカスタムヘッダーで上書きされない限り、クライアントから送信されるリクエストヘッダー。カスタムヘッダーの構成方法については、引き続き読んでください。

手動で調整できますs-maxageディレクティブでは、アプリのパフォーマンスとデプロイメントの可用性をより詳細に制御できます。たとえば、コンテンツがエッジでキャッシュされる時間を長くするには、更新してライブ時間 (TTL) を手動で増やすことができます。s-maxageをデフォルトの 600 秒 (10 分) より長い値に設定します。

注記

アプリのパフォーマンスモードが有効になっている場合、Amplify は、カスタムヘッダーを使用してアプリに設定できる最大 TTL を 10 分(600 秒)から 1 日(86,400 秒)に増やします。Amplify Capss-maxageカスタムヘッダーを使用して 1 日に設定できること。たとえば、[] を設定した場合s-maxage1 週間 (604,800 秒) まで、Amplify は 1 日の最大TTLを使用します。

アプリのカスタムヘッダーは、カスタムヘッダーAmplify コンソールのセクション。詳細については、次を参照してください。カスタムヘッダーの設定。のカスタム値を指定するにはs-maxageでは、次のYAML形式を使用します。この例では、関連付けられたコンテンツを 3600 秒 (1 時間) エッジにキャッシュします。

customHeaders: - pattern: '/img/*' headers: - key: 'Cache-Control' value: 's-maxage=3600'