着信ウェブフック - AWS Amplify ホスティング

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

着信ウェブフック

Amplify コンソールで受信ウェブフックを設定し、コードを Git リポジトリにコミットせずにビルドを開始します。ヘッドレスCMSツール(ContentfulやGraphCMSなど)でウェブフックリガーを使用すると、コンテンツが変更されるたびにビルドを開始したり、Zapierなどのサービスを使用して毎日ビルドを実行したりできます。

受信ウェブフックを作成するには
  1. にサインイン AWS Management Console し、Amplify コンソール を開きます。

  2. ウェブフックを作成するアプリを選択します。

  3. ナビゲーションペインで、ホスティング を選択し、次にビルド設定 を選択します。

  4. ビルド設定ページで、「受信ウェブフック」セクションまでスクロールし、「ウェブフックを作成」を選択します。

  5. [ウェブフックの作成] ダイアログボックスで、以下の操作を行います。

    1. [ウェブフック名] には、ウェブフックの名前を入力します。

    2. [ビルドするブランチ] で、受信したウェブフックのリクエストに基づいてビルドするブランチを選択します。

    3. ウェブフックの作成 を選択します。

  6. [受信するウェブフック] セクションで、次のいずれかの操作を行います。

    • ウェブフック URL をコピーし、ヘッドレス CMS ツールやその他のサービスに提供してビルドを開始します。

    • ターミナルウィンドウで curl コマンドを実行して、新しいビルドを開始します。