CORS のテスト - Amazon API Gateway

CORS のテスト

API を呼び出し、レスポンスの CORS ヘッダーを確認することで、API の CORS 設定をテストできます。次の curl コマンドは、デプロイされた API に OPTIONS リクエストを送信します。

curl -v -X OPTIONS https://{restapi_id}.execute-api.{region}.amazonaws.com/{stage_name}
< HTTP/1.1 200 OK < Date: Tue, 19 May 2020 00:55:22 GMT < Content-Type: application/json < Content-Length: 0 < Connection: keep-alive < x-amzn-RequestId: a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-abc123 < Access-Control-Allow-Origin: * < Access-Control-Allow-Headers: Content-Type,Authorization,X-Amz-Date,X-Api-Key,X-Amz-Security-Token < x-amz-apigw-id: Abcd= < Access-Control-Allow-Methods: DELETE,GET,HEAD,OPTIONS,PATCH,POST,PUT

レスポンスの Access-Control-Allow-OriginAccess-Control-Allow-Headers、および Access-Control-Allow-Methods ヘッダーは、API が CORS をサポートすることを示しています。詳細については、「REST API リソースの CORS を有効にする」を参照してください。