WebSocket API の操作 - Amazon API Gateway

WebSocket API の操作

API Gateway の WebSocket API は、バックエンドの HTTP エンドポイント、Lambda 関数、またはその他の AWS のサービスを使用して統合されている WebSocket ルートとルートキーのコレクションです。API Gateway 機能を使用すると、作成から実稼働 API のモニタリングまで、API ライフサイクルのあらゆる側面に役立ちます。

API Gateway WebSocket API は双方向です。クライアントはサービスにメッセージを送信し、サービスは個別にクライアントにメッセージを送信できます。この双方向動作により、クライアントが明示的な要求を行う必要がなく、サービスがクライアントにデータをプッシュできるため、より豊かなクライアント/サービスの対話が実現します。WebSocket API は、チャットアプリケーション、コラボレーションプラットフォーム、マルチプレイヤーゲーム、金融取引プラットフォームなどのリアルタイムアプリケーションでよく使用されます。

このセクションでは、API Gateway を使用して WebSocket API を開発、公開、保護、監視する方法を学習できます 。