X-Ray を使用した REST API へのユーザーリクエストのトレース - Amazon API Gateway

X-Ray を使用した REST API へのユーザーリクエストのトレース

AWS X-Ray を使用すると、Amazon API Gateway REST API を通じて基盤となるサービスに転送されるユーザーリクエストをトレースおよび分析できます。API Gateway は API Gateway REST API のすべてのエンドポイントタイプ (リージョン、エッジ最適化、プライベート) について X-Ray のトレースをサポートしています。X-Ray が利用できるすべての AWS リージョンで、X-Ray と Amazon API Gateway を使用できます。

X-Ray は、リクエスト全体のエンドツーエンドビューを提供するため、API とそのバックエンドサービスのレイテンシーを分析できます。X-Ray サービスマップを使用して、リクエスト全体のレイテンシー、および X-Ray と統合されているダウンストリームサービスのレイテンシーを表示できます。また、サンプリングルールを設定して、指定した条件に応じて、記録するリクエストとそのサンプリングレートを X-Ray に指示できます。

すでにトレースされているサービスから API Gateway API を呼び出すと、API Gateway は、API で X-Ray トレースが有効になっていなくても、トレースをパススルーします。

API ステージに対して X-Ray を有効にするには、API Gateway コンソール、または API Gateway API や CLI を使用できます。