Amazon API Gateway
開発者ガイド

API の Android SDK の生成

API Gateway で API の Android SDK を生成するには

  1. https://console.aws.amazon.com/apigateway で API Gateway コンソールにサインインします。

  2. ステージの API 名を含むボックスで、[ステージ] を選択します。

  3. [ステージ] ペインで、ステージの名前を選択します。

  4. [SDK の生成] タブの [プラットフォーム] で、Android プラットフォームを選択します。

    1. [グループ ID] に、対応するプロジェクトの固有 ID を入力します。これは、pom.xml ファイルで使用されます (例: com.mycompany)。

    2. [Invoker パッケージ] に、生成されたクライアントクラスの名前空間を入力します (例: com.mycompany.clientsdk)。

    3. [アーティファクト ID] に、コンパイルされた .jar ファイルの名前を、バージョンを除外して入力します。これは、pom.xml ファイルで使用されます (例: aws-apigateway-api-sdk)。

    4. [アーティファクトバージョン] に、生成されたクライアントのアーティファクト版の番号を入力します。これは pom.xml ファイルで使用され、major.minor.patch パターンに従います (例: 1.0.0)。

  5. [SDK の生成] を選択し、画面の指示に従って API Gateway で生成された SDK をダウンロードします。

  6. 生成された SDK を使用するには、「REST API に対して API Gateway で生成された Android SDK の使用」の手順に従います。

API を更新するたびに、更新を反映するために API を再デプロイして SDK を再生成する必要があります。