Amazon API Gateway
開発者ガイド

API の iOS SDK の生成

API Gateway で API の iOS SDK を生成するには

  1. https://console.aws.amazon.com/apigateway で API Gateway コンソールにサインインします。

  2. ステージの API 名を含むボックスで、[Stages] を選択します。

  3. [Stages] ペインで、ステージの名前を選択します。

  4. [SDK Generation] タブの [Platform] で、iOS (Objective-C) または iOS (Swift) プラットフォームを選択します。

    1. [Prefix] ボックスに一意のプレフィックスを入力します。

      プレフィックスの効果は次のとおりです。InputOutputResult をモデルとする SimpleCalc API の SDK にプレフィックスとして、たとえば SIMPLE_CALC を割り当てた場合、生成される SDK には、メソッドのリクエスト/レスポンスを含む API をカプセル化する SIMPLE_CALCSimpleCalcClient クラスが含まれます。さらに、生成される SDK には、リクエスト入力およびレスポンス出力の入力、出力、結果をそれぞれ表す SIMPLE_CALCInput クラス、SIMPLE_CALCOutput クラス、SIMPLE_CALCResult クラスが含まれます。詳細については、「Objective-C または Swift の API Gateway で生成された iOS SDK を使用する」を参照してください。

  5. [Generate SDK] を選択し、画面の指示に従って API Gateway で生成された SDK をダウンロードします。

  6. 生成された SDK を使用するには、「Objective-C または Swift の API Gateway で生成された iOS SDK を使用する」の手順に従います。

API を更新するたびに、更新を反映するために API を再デプロイして SDK を再生成する必要があります。