Amazon API Gateway
開発者ガイド

Postman を使用して REST API を呼び出す

Postman アプリは、API Gateway で REST API をテストするための便利なツールです。次の手順では、Postman アプリを使用して API を呼び出す主要なステップについて説明します。詳細については、Postman のヘルプを参照してください。

  1. Postman を起動します。

  2. リクエストのエンドポイント URL をアドレスバーに入力し、ドロップダウンリストからアドレスバーの左側に適切な HTTP メソッドを選択します。

  3. 必要に応じて、[認可] タブを選択します。認証の [タイプ] に対して、[AWS 署名] を選択します。[AccessKey] 入力フィールドに AWS IAM ユーザーのアクセスキー ID を入力します。[SecretKey] に IAM ユーザーのシークレットキーを入力します。呼び出し URL で指定されたリージョンに対応する適切な AWS リージョンを指定します。[サービス名] に「execute-api」と入力します。

  4. [ヘッダー] タブを選択します。必要に応じて、既存のヘッダーを削除します。これにより、エラーを発生させる可能性がある、古い設定をクリアできます。必要なカスタムヘッダーを追加します。たとえば、API キーを有効にすると、x-api-key:{api_key} の名前と値のペアをここに設定することができます。

  5. [送信] を選択して、リクエストを送信し、レスポンスを受け取ります。

Postman の使用例については、「API Gateway Lambda オーソライザーで API を呼び出す」を参照してください。