HTTP API のステージの使用 - Amazon API Gateway

HTTP API のステージの使用

API ステージは、API のライフサイクル状態への論理的なリファレンスです (例: devprodbetav2 など)。API ステージは API ID とステージ名で識別され、API の呼び出しに使用する URL に含まれます。各ステージは、API のデプロイの名前付きリファレンスで、クライアントアプリケーションから呼び出すことができます。

ステージには、API のベース URL から呼び出される $default のステージを作成することができます。ベース URL は、https://{api_id}.execute-api.{region}.amazonaws.com/ のような形式になります。この URL を使用して API ステージを呼び出します。

デプロイは、API 設定のスナップショットです。ステージに API をデプロイすると、クライアントがその API を呼び出すことができます。変更を有効にするには、API をデプロイする必要があります。自動デプロイを有効にすると、API に対する変更が自動的にリリースされます。

ステージ変数

ステージ変数は、HTTP API のステージに対して定義できるキーと値のペアです。環境変数と同様に機能し、API のセットアップで使用できます。

たとえば、ステージ変数を定義し、その値を HTTP プロキシ統合の HTTP エンドポイントとして設定することができます。後で、関連付けられたステージ変数名を使用してエンドポイントを参照できます。これにより、各ステージで異なるエンドポイントで同じ API セットアップを使用できます。同様に、ステージ変数を使用して、API の各ステージに異なる AWS Lambda 関数統合を指定できます。

注記

ステージ変数は、資格情報などの機密データに使用するためのものではありません。機密データを統合に渡すには、AWS Lambda オーソライザーを使用します。Lambda オーソライザーの出力では、機密データを統合に渡すことができます。詳細については、Lambda オーソライザーのレスポンス形式 を参照してください。

ステージ変数を使用して HTTP 統合エンドポイントをカスタマイズするには、まずステージ変数の名前と値 (url など) を example.com の値で設定する必要があります。次に、HTTP プロキシ統合を設定します。エンドポイントの URL を入力する代わりに、ステージ変数の値、http://${stageVariables.url} を使用するように API Gateway に指示できます 。この値を指定すると、API Gateway は、ランタイムに API のステージに応じてステージ変数の ${} を置き換えます。

同様に、ステージ変数を参照して Lambda 関数名や AWS のロールの ARN を指定することができます。

ステージ変数値として Lambda 関数名を指定する場合は、その Lambda 関数に対するアクセス許可を手動で設定する必要があります。これを行うには、AWS コマンドラインインターフェイス (AWS CLI) を使用できます。

aws lambda add-permission --function-name arn:aws:lambda:XXXXXX:your-lambda-function-name --source-arn arn:aws:execute-api:us-east-1:YOUR_ACCOUNT_ID:api_id/*/HTTP_METHOD/resource --principal apigateway.amazonaws.com --statement-id apigateway-access --action lambda:InvokeFunction

API Gateway のステージ変数のリファレンス

HTTP 統合 URI

ステージ変数は、次の例に示すように、HTTP 統合 URI の一部として使用できます。

  • プロトコルのない完全な URI – http://${stageVariables.<variable_name>}

  • 完全なドメイン – http://${stageVariables.<variable_name>}/resource/operation

  • サブドメイン – http://${stageVariables.<variable_name>}.example.com/resource/operation

  • パス – http://example.com/${stageVariables.<variable_name>}/bar

  • クエリ文字列 – http://example.com/foo?q=${stageVariables.<variable_name>}

Lambda 関数

ステージ変数は、次の例に示すように、Lambda 関数名やエイリアスの代わりに使用できます。

  • arn:aws:apigateway:<region>:lambda:path/2015-03-31/functions/arn:aws:lambda:<region>:<account_id>:function:${stageVariables.<function_variable_name>}/invocations

  • arn:aws:apigateway:<region>:lambda:path/2015-03-31/functions/arn:aws:lambda:<region>:<account_id>:function:<function_name>:${stageVariables.<version_variable_name>}/invocations

注記

Lambda 関数にステージ変数を使用するには、関数が API と同じアカウントにある必要があります。ステージ変数は、クロスアカウント Lambda 関数をサポートしていません。

AWS 統合認証情報

ステージ変数は、次の例に示すように、AWS のユーザーやロールの認証情報の ARN の一部として使用できます。

  • arn:aws:iam::<account_id>:${stageVariables.<variable_name>}