Amazon API Gateway
開発者ガイド

エッジ最適化 API を API Gateway にインポートする

API OpenAPI 定義ファイルをインポートして、新しいエッジ最適化 API を作成できます。そのためには、OpenAPI ファイルに加えて EDGE エンドポイントタイプをインポートオペレーションへの入力として指定します。この操作には、API Gateway コンソール、AWS CLI、または AWS SDK を使用できます。

API Gateway コンソールから API のインポート機能を使用する方法のチュートリアルについては、「チュートリアル: サンプルをインポートして REST API を作成する」を参照して ください。

API Gateway コンソールを使用してエッジ最適化 API をインポートする

API Gateway コンソールを使用してエッジ最適化 API をインポートするには、次の操作を行います。

  1. API Gateway コンソールにサインインし、[+ API の作成] を選択します。

  2. [新しい API の作成] で、[Import from OpenAPI (OpenAPI からインポート)] オプションを選択します。

  3. API OpenAPI 定義をコピーしてコードエディタに貼り付けるか、[Select OpenAPI File (OpenAPI ファイルの選択)] を選択してローカルドライブから OpenAPI ファイルを読み込みます。

  4. [設定] の [エンドポイントタイプ] で、[Edge optimized] を選択します。

  5. [インポート] を選択して、OpenAPI 定義のインポートを開始します。

AWS CLI を使用してエッジ最適化 API をインポートする

AWS CLI を使用して、OpenAPI 定義ファイルから API をインポートすることで新しいエッジ最適化 API を作成するには、import-rest-api コマンドを以下のように使用します。

aws apigateway import-rest-api \ --fail-on-warnings \ --body 'file://path/to/API_OpenAPI_template.json'

または、endpointConfigurationTypes クエリ文字列パラメータを EDGE に明示的に指定します。

aws apigateway import-rest-api \ --endpointConfigurationTypes=EDGE \ --fail-on-warnings \ --body 'file://path/to/API_OpenAPI_template.json'