Amazon API Gateway
開発者ガイド

リージョン API を API Gateway にインポートする

API のインポート時、API のリージョンのエンドポイント設定を選択できます。この操作には、API Gateway コンソール、AWS CLI、AWS SDK、または API Gateway REST API を使用できます。

API のエクスポート時、エクスポートされた API 定義に API エンドポイント設定は含まれません。

API Gateway コンソールを使用してリージョン API をインポートする

API Gateway コンソールを使用してリージョンのエンドポイントの API をインポートするには、以下の手順を実行します。

  1. API Gateway コンソールにサインインし、[+ API の作成] を選択します。

  2. [新しい API の作成] で、[Import from OpenAPI (OpenAPI からインポート)] オプションを選択します。

  3. API OpenAPI 定義をコピーしてコードエディタに貼り付けるか、[Select OpenAPI File (OpenAPI ファイルの選択)] を選択してローカルドライブから OpenAPI ファイルを読み込みます。

  4. [設定] の [エンドポイントタイプ] で、[Regional] を選択します。

  5. [インポート] を選択して、OpenAPI 定義のインポートを開始します。

AWS CLI を使用してリージョン API をインポートする

AWS CLI を使用して OpenAPI 定義ファイルから API をインポートするには、import-rest-api コマンドを使用します。

aws apigateway import-rest-api \ --endpointConfigurationTypes 'REGIONAL' \ --fail-on-warnings \ --body 'file://path/to/API_OpenAPI_template.json'

API Gateway REST API を使用してリージョン API をインポートする

API Gateway REST API を使用して、OpenAPI 定義ファイルをインポートすることでリージョン API を作成するには、以下の restapi:import リンクリレーションを呼び出します。

POST /restapis?mode=import&failonwarnings=true&endpointConfigurationTypes=REGIONAL Host: apigateway.us-west-2.amazonaws.com Content-Type:application/json Content-Length: ... { //OpenAPI definition }