Amazon API Gateway
開発者ガイド

CloudWatch コンソールで API Gateway のメトリクスを表示する

メトリクスはまずサービスの名前空間ごとにグループ化され、次に各名前空間内のさまざまなディメンションの組み合わせごとにグループ化されます。

CloudWatch コンソールを使用して API Gateway メトリクスを表示するには

  1. https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/にある CloudWatch コンソールを開きます。

  2. 必要に応じてリージョンを変更します。ナビゲーションバーから、AWS リソースがあるリージョンを選択します。詳細については、「リージョンとエンドポイント」を参照してください。

  3. ナビゲーションペインで メトリクスを選択します。

  4. [All metrics] タブで、[API Gateway] を選択します。

  5. ステージ別にメトリクスを表示するには、[By Stage] パネルを選択します。次に、必要な API とメトリクス名を選択します。

  6. API 別にメトリクスを表示するには、[By Api Name] パネルを選択します。また、必要な API とメトリックス名を選択します。

AWS CLI を使用してメトリクスを表示するには

  1. コマンドプロンプトで、以下のコマンドを使用してメトリクスを一覧表示します。

    aws cloudwatch list-metrics --namespace "AWS/ApiGateway"
  2. 特定の統計情報 (Average など) を 5 分間隔で表示するには、以下のコマンドを呼び出します。

    aws cloudwatch get-metric-statistics --namespace AWS/ApiGateway --metric-name Count --start-time 2011-10-03T23:00:00Z --end-time 2017-10-05T23:00:00Z --period 300 --statistics Average