AWS AppConfigでのアプリケーション環境を作成します - AWS AppConfig

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS AppConfigでのアプリケーション環境を作成します

AWS AppConfig アプリケーションごとに、1 つ以上の環境を定義します。環境は、 Betaまたは Production環境のアプリケーション、 AWS Lambda 関数、コンテナなど、 AppConfig ターゲットの論理的なデプロイグループです。Web‬、Mobile‬、および Back-end‬ など、アプリケーションのサブコンポーネントの環境を定義することもできます。‬‬‬ 環境ごとに Amazon CloudWatch アラームを設定できます。システムは、設定のデプロイ中にアラームをモニタリングします。アラームがトリガーされると、システムは設定をロールバックします。

開始する前に

AWS AppConfig アラームに応答して が設定をロールバックできるようにする場合は、 が CloudWatch アラーム AWS AppConfig に応答できるようにするアクセス許可を持つ AWS Identity and Access Management (IAM) ロールを設定する必要があります CloudWatch 。このロールは、次の手順で選択します。詳細については、「自動ロールバックのアクセス許可を設定する」を参照してください。

AWS AppConfig 環境の作成 (コンソール)

コンソールを使用して AWS AppConfig 環境を作成するには、 AWS Systems Manager 次の手順に従います。

環境を作成するには
  1. https://console.aws.amazon.com/systems-manager/appconfig/ で AWS Systems Manager コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで、アプリケーション を選択し、アプリケーションの名前を選択して詳細ページを開きます。

  3. 環境 タブを選択し、環境の作成 を選択します。

  4. 名前 に、環境の名前を入力します。

  5. 説明 に、環境に関する情報を入力します。

  6. (オプション) Monitors セクションで、IAM ロールフィールドを選択し、アラームがトリガーされた場合に設定をロールバックするアクセス許可を持つ IAM ロールを選択します。

  7. CloudWatch アラームリストで、モニタリングするアラームを 1 つ以上選択します。これらのアラームのいずれかがアラーム状態になった場合、 は設定デプロイを AWS AppConfig ロールバックします。

  8. (オプション) 拡張機能の関連付けセクションで、リストから拡張機能を選択します。詳細については、「AWS AppConfig 拡張機能について」を参照してください。

  9. (オプション) タグ セクションで、キーとオプションの値を入力します。1 つのリソースに対して最大 50 個のタグを指定できます。

  10. 環境の作成を選択します。

AWS AppConfig は環境を作成し、環境の詳細ページを表示します。AWS AppConfigで設定プロファイルを作成します。 に進みます。

AWS AppConfig 環境の作成 (コマンドライン)

次の手順では、 AWS CLI (Linux または Windows の場合) または AWS Tools for PowerShell を使用して AWS AppConfig 環境を作成する方法について説明します。

環境をステップバイステップで作成する
  1. を開きます AWS CLI。

  2. 以下のコマンドを実行して、環境を作成します。

    Linux
    aws appconfig create-environment \ --application-id The_application_ID \ --name A_name_for_the_environment \ --description A_description_of_the_environment \ --monitors "AlarmArn=ARN_of_the_Amazon_CloudWatch_alarm,AlarmArnRole=ARN_of_the_IAM role_for_AWS AppConfig_to_monitor_AlarmArn" \ --tags User_defined_key_value_pair_metadata_of_the_environment
    Windows
    aws appconfig create-environment ^ --application-id The_application_ID ^ --name A_name_for_the_environment ^ --description A_description_of_the_environment ^ --monitors "AlarmArn=ARN_of_the_Amazon_CloudWatch_alarm,AlarmArnRole=ARN_of_the_IAM role_for_AWS AppConfig_to_monitor_AlarmArn" ^ --tags User_defined_key_value_pair_metadata_of_the_environment
    PowerShell
    New-APPCEnvironment ` -Name Name_for_the_environment ` -ApplicationId The_application_ID -Description Description_of_the_environment ` -Monitors @{"AlarmArn=ARN_of_the_Amazon_CloudWatch_alarm,AlarmArnRole=ARN_of_the_IAM role_for_AWS AppConfig_to_monitor_AlarmArn"} ` -Tag Hashtable_type_user_defined_key_value_pair_metadata_of_the_environment

    システムが以下のような情報をレスポンスします。

    Linux
    {
       "ApplicationId": "The application ID",
       "Id": "The_environment ID",
       "Name": "Name of the environment",
       "State": "The state of the environment",
       "Description": "Description of the environment",
       
       "Monitors": [ 
          { 
             "AlarmArn": "ARN of the Amazon CloudWatch alarm",
             "AlarmRoleArn": "ARN of the IAM role for AppConfig to monitor AlarmArn"
          }
       ]  
    }
    Windows
    {
       "ApplicationId": "The application ID",
       "Id": "The environment ID",
       "Name": "Name of the environment",
       "State": "The state of the environment"
       "Description": "Description of the environment",
       
       "Monitors": [ 
          { 
             "AlarmArn": "ARN of the Amazon CloudWatch alarm",
             "AlarmRoleArn": "ARN of the IAM role for AppConfig to monitor AlarmArn"
          }
       ] 
    }
    PowerShell
    ApplicationId     : The application ID
    ContentLength     : Runtime of the command
    Description       : Description of the environment
    HttpStatusCode    : HTTP Status of the runtime
    Id                : The environment ID
    Monitors          : {ARN of the Amazon CloudWatch alarm, ARN of the IAM role for AppConfig to monitor AlarmArn}
    Name              : Name of the environment
    Response Metadata : Runtime Metadata
    State             : State of the environment

AWS AppConfigで設定プロファイルを作成します。 に進みます。