ステップ 6: 設定を受信する - AWS AppConfig

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ステップ 6: 設定を受信する

GetConfiguration API アクションと統合して、設定の更新を受け取るようにクライアントを設定する必要があります。を使用して統合できます。AWSSDK。以下の AWS CLI コマンドは、設定を受け取る方法を示しています。この呼び出しには、デプロイする AWS AppConfig アプリケーションの ID、環境、設定プロファイル、および一意のクライアント ID が含まれます。設定内容が出力ファイル名に保存されます。

注記

次のコマンドの client-id パラメータは、設定のクライアントを識別するための一意のユーザー指定の ID です。この ID により、AWS AppConfig は、デプロイ戦略で定義された間隔で設定をデプロイできます。

aws appconfig get-configuration \ --application application_name_or_ID \ --environment environment_name_or_ID \ --configuration configuration_profile_name_or_ID \ --client-id client_ID \ output_filename

システムから以下の形式の情報で応答します。

{ "ConfigurationVersion":"configuration version", "ContentType":"content type" }
重要

に関する以下の重要な詳細に留意してください。GetConfigurationAPI アクション:

  • -GetConfigurationレスポンスは以下のとおりです。Contentセクションには、設定データが表示されます。-Contentセクションは、システムが新規または更新された構成データを見つけた場合にのみ表示されます。システムが新規または更新された構成データが見つからない場合は、Contentセクションは返されません (Null).

  • AWS AppConfigの値を使用します。ClientConfigurationVersionパラメータを使用して、クライアントの設定バージョンを識別します。GetConfiguration を呼び出すたびに ClientConfigurationVersion を送信しない場合、クライアントは現在の設定を受信します。クライアントが設定を受信するたびに料金が発生します。

  • 過剰な請求を避けるために、GetConfiguration の各呼び出しに ClientConfigurationVersion 値を含めることをお勧めします。この値はクライアントに保存される必要があります。ここで示すように、GetConfiguration への以降の呼び出しでは、ClientConfigurationVersion パラメータを使用してこの値を渡す必要があります。

送信数ConfigurationVersionその後の設定更新のポーリングでは、の概念に似ています。HTTP ETag

aws appconfig get-configuration \ --application application_name_or_ID \ --environment environment_name_or_ID \ --configuration configuration_profile_name_or_ID \ --client-configuration-version previous_configuration_version_value \ --client-id client_ID \ output_filename
注記

予算、予想頻度、設定のターゲット数に基づいて、GetConfiguration API コールのポーリング頻度を調整することをお勧めします。