AWS AppFabric でのインフラストラクチャセキュリティ - AWS AppFabric

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS AppFabric でのインフラストラクチャセキュリティ

マネージドサービスである AWS AppFabric は、「Amazon Web Services: Overview of Security Processes」(アマゾン ウェブ サービス: セキュリティプロセスの概要) ホワイトペーパーに記載されている AWS グローバルネットワークセキュリティの手順で保護されています。

がAWS公開した API コールを使用して、ネットワーク AppFabric 経由で にアクセスします。クライアントは、TLS 1.0 以降をサポートしている必要があります。TLS 1.2 以降が推奨されます。また、DHE (Ephemeral Diffie-Hellman) や ECDHE (Elliptic Curve Ephemeral Diffie-Hellman) などの Perfect Forward Secrecy (PFS) を使用した暗号スイートもクライアントでサポートされている必要があります。これらのモードは、Java 7 以降など、ほとんどの最新システムでサポートされています。

また、リクエストには、アクセスキー ID と、IAM プリンシパルに関連付けられているシークレットアクセスキーを使用して署名する必要があります。または、リクエストに署名するための一時的なセキュリティ認証情報を生成するには、AWS Security Token Service (AWS STS) を使用することもできます。