Miro - AWS AppFabric

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Miro

Miroは、あらゆる規模の分散型チームが次の大きなものを構築できるようにする、イノベーションのためのオンラインワークスペースです。プラットフォームの無限のキャンバスにより、チームは魅力的なワークショップや会議を開催したり、製品をデザインしたり、アイデアをブレインストーミングしたりすることができます。 Miroサンフランシスコとアムステルダムに共同本社を置き、Fortune 100 企業の 99% を含め、世界中で 5,000 万人以上のユーザーにサービスを提供しています。 Miro2011 年に設立され、現在、世界 12 の拠点に 1,500 人以上の従業員を擁しています。詳細については、「Miro」を参照してください。

Miroダイアグラム作成、ワイヤーフレーミング、リアルタイムのデータ視覚化、ワークショップの円滑化、アジャイルプラクティス、ワークショップ、インタラクティブなプレゼンテーションの組み込みサポートなど、イノベーションのために設計されたコラボレーション機能がすべて含まれています。 Miro最近、Miro AI を活用したマッピングとダイアグラム作成、Miroクラスタリングと要約、コンテンツ生成といった機能を拡張する AI が発表されました。 Miro組織はスタンドアロンツールの数を減らし、情報の断片化とコスト削減を可能にします。

AWS AppFabric for security を使用して、Miro から監査ログとユーザーデータを受信し、オープンサイバーセキュリティスキーマフレームワーク (OCSF) 形式に正規化し、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットまたは Amazon Kinesis Data Firehose ストリームに出力できます。

Miro での AppFabric のサポート

AppFabric は、Miro からのユーザー情報と監査ログの受信をサポートします。

前提条件

AppFabric を使用して Miro からサポートされている宛先に監査ログを転送するには、以下の要件を満たす必要があります。

  • Miro Enterprise プランが必要です。Miro プランタイプの詳細については、Web Miroサイトの料金ページを参照してください。Miro

  • Miroアカウントには会社管理者ロールを持つユーザーが必要です。ロールについて詳しくは、Miro ヘルプセンター Web サイトの「Miro のロール」の「会社レベル」セクションを参照してください。

  • Miroアカウントには Enterprise Developer チームが必要です。開発者チームの作成について詳しくは、Miro Help Center Web サイトの「エンタープライズ開発者チーム」を参照してください。

レート制限に関する考慮事項

Miro は、Miro API にレート制限を課します。MiroAPI のレート制限について詳しくは、Miro Web サイトの『Miro開発者ガイド』の「レート制限」を参照してください。AppFabric と既存の Miro API アプリケーションの組み合わせが制限を超えると、AppFabric に監査ログが表示されるのが遅れる可能性があります。

データ遅延に関する考慮事項

監査イベントが取り込み先に転送されるまでに最大 30 分の遅延が発生する場合があります。これは、アプリケーションで利用できる監査イベントの遅延と、データ損失を減らすための予防措置によるものです。ただし、これはアカウントレベルでカスタマイズできる場合があります。サポートが必要な場合は、AWS Support にお問い合わせください。

AppFabric を Miro アカウントに接続する

AppFabric サービス内でアプリケーションバンドルを作成した後で、Miro を使用して AppFabric を認証する必要があります。AppFabric で Miro の認証に必要な情報を見つけるには、以下の手順に従ってください。

OAuth アプリケーションの作成

AppFabric は OAuth を使用して Miro と統合されます。Miroで OAuth アプリケーションを作成するには、以下の手順に従います。

  1. OAuth アプリケーションを作成するには、Miro Help Center Web サイトのエンタープライズデベロッパーチームの記事の「アプリの作成とインストール」セクションの指示に従ってください。

  2. アプリ作成ダイアログで、エンタープライズ組織の開発者チームを選択した後に、「ユーザー認証トークンを期限切れにする」チェックボックスを選択します。

    注記

    このオプションはアプリの作成後に変更できないため、アプリを作成する前に行う必要があります。

  3. アプリページの「OAuth 2.0 用リダイレクト URI」セクションに次の形式の URL を入力します。

    https://<region>.console.aws.amazon.com/appfabric/oauth2

    この URL で、<リージョン>は、AppFabric アプリバンドルを構成したAWS リージョンのコードです。例えば、米国東部 (バージニア北部) リージョンのコードは us-east-1 です。そのリージョンのリダイレクト URL は https://us-east-1.console.aws.amazon.com/appfabric/oauth2 です。

  4. AppFabric アプリ認証に使用するクライアント ID とクライアントシークレットをコピーして保存します。

必要範囲

MiroOAuth Permissions アプリページのセクションに次のスコープを追加する必要があります。

  • auditlogs:read

  • organizations:read

アプリ権限

テナント ID

AppFabric はテナント ID を要求します。AppFabric のテナント ID はMiroチームIDです。Miro チーム ID の確認方法については、「Miro新しい管理者です」の「よくある質問」セクションを参照してください。 Miroヘルプセンターの Web サイトのどこから始めればいいですか?

テナント名

この一意の Miro 組織を識別する名前を入力します。AppFabric は、テナント名を使用して、アプリ認証と、アプリ認証から作成されるすべての取り込みにラベルを付けます。

クライアント ID

AppFabric はクライアント ID を要求します。クライアント ID を確認するには、以下のステップに従います。

  1. Miroプロファイル設定に移動します。

  2. マイアプリ」タブを選択します。

  3. AppFabric との接続に使用するアプリを選択します。

  4. アプリ認証情報」セクションのクライアント ID を AppFabric の「クライアント ID」フィールドに入力します。

クライアントシークレット

AppFabric はクライアントシークレットを要求します。クライアントシークレットを確認するには、以下の手順に従います。

  1. Miroプロファイル設定に移動します。

  2. マイアプリ」タブを選択します。

  3. AppFabric との接続に使用するアプリを選択します。

  4. アプリ認証情報」セクションのクライアント シークレット を AppFabric の「クライアント シークレット」フィールドに入力します。

認証を承認します

AppFabric でアプリ認証を作成すると、Miro 認証を承認するよう求めるポップアップウィンドウが表示されます。AppFabric 認証を承認するには、[許可] を選択します。