データ処理 - AWS AppFabric

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

データ処理

AWS AppFabric for productivity の機能は、現在プレビューの段階であり、今後変更されることがあります。

AppFabric では、ユーザーコンテンツを個別に、AppFabric が管理する Amazon S3 バケットにそれぞれ分けて保存する手順を取っています。そうすることで、各ユーザーに固有のインサイトを生成することができます。ユーザーのコンテンツは、保管時および転送中の暗号化を含め、合理的な手段を講じて保護しています。お客様のコンテンツは、取り込まれてから 30 日以内に自動的に削除されるようにシステムで設定されています。AppFabric は、ユーザーがアクセスできなくなったデータアーティファクトを使用して、インサイトを生成することはありません。例えば、ユーザーがデータソース (アプリケーション) を切断した場合、AppFabric はそのアプリケーションからデータを収集することを停止し、切断したアプリケーションに残っているアーティファクトを使ってインサイトを生成することはしません。AppFabric のシステムは、こうしたデータを 30 日以内に削除するように設定されています。

AppFabric が、インサイトの生成に使用される、基盤となる大規模言語モデルのトレーニングや改善に、ユーザーのコンテンツを使用することはありません。AppFabric の生成系 AI 機能の詳細については、「Amazon Bedrock よくある質問」を参照してください。

保管中の暗号化

AWS AppFabric では、保管時の暗号化がサポートされています。これは、保管時の暗号化機能です。AppFabric は、ユーザーに関係するすべてのデータをディスクに永続化するときにユーザーに気づかれずに暗号化し、データにアクセスするときに復号化します。

転送中の暗号化

AppFabric は、TLS 1.2 を使用して転送中のすべてのコンテンツを保護し、AWS Signature Version 4 で AWS サービスへの API リクエスト に署名します。