Zendesk - AWS AppFabric

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Zendesk

2007 年に世界中のあらゆる企業がカスタマーサービスをオンライン化できるようにすることで、Zendeskがカスタマーエクスペリエンス革命を始めました。現在では、Zendeskは、あらゆる場所ですべての人に優れたサービスを提供し、何十億もの会話を支えています。電話、チャット、電子メール、メッセージング、ソーシャルチャネル、コミュニティ、レビューサイト、ヘルプセンターを通じて、10万を超えるブランドと数億人の顧客をつなげています。 Zendesk製品は愛されるための愛を込めて作られています。同社はデンマークのコペンハーゲンで設立され、カリフォルニアで建設・栽培され、現在では世界中で6,000人以上の従業員を雇用しています。

AWS AppFabric for security を使用して、Zendesk から監査ログとユーザーデータを受信し、オープンサイバーセキュリティスキーマフレームワーク (OCSF) 形式に正規化し、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットまたは Amazon Kinesis Data Firehose ストリームに出力できます。

Zendesk での AppFabric のサポート

AppFabric は、Zendesk からのユーザー情報と監査ログの受信をサポートします。

前提条件

AppFabric を使用して Zendesk からサポートされている宛先に監査ログを転送するには、以下の要件を満たす必要があります。

  • Zendeskスイートエンタープライズアカウント、エンタープライズプラスアカウント、またはZendeskSupport エンタープライズアカウントが必要です。Zendesk Enterprise アカウントの作成またはアップグレードについて詳しくは、ZendeskZendeskウェブサイトの「プランタイプの確認」を参照してください。

  • Zendeskアカウントには管理者ロールを持つユーザーが必要です。ロールの詳細については、Zendeskウェブサイトの「Zendeskサポート ユーザーのロールについて」を参照してください。

レート制限に関する考慮事項

Zendesk は、Zendesk API にレート制限を課します。Zendesk API のレート制限の詳細については、Zendesk Web サイトの「Zendesk開発者ガイド」の「レート制限」を参照してください。AppFabric と既存の Zendesk API アプリケーションの組み合わせが制限を超えると、AppFabric に監査ログが表示されるのが遅れる可能性があります。

データ遅延に関する考慮事項

監査イベントが取り込み先に転送されるまでに最大 30 分の遅延が発生する場合があります。これは、アプリケーションで利用できる監査イベントの遅延と、データ損失を減らすための予防措置によるものです。ただし、これはアカウントレベルでカスタマイズできる場合があります。サポートが必要な場合は、AWS Support にお問い合わせください。

AppFabric を Zendesk アカウントに接続する

AppFabric サービス内でアプリケーションバンドルを作成した後で、Zendesk を使用して AppFabric を認証する必要があります。AppFabric で Zendesk の認証に必要な情報を見つけるには、以下の手順に従ってください。

OAuth アプリケーションの作成

AppFabric は OAuth を使用して Zendesk と統合されます。Zendeskでは、以下の設定で OAuth アプリケーションを作成する必要があります。

  1. Zendeskサポート ebサイトの「アプリケーションでのOAuth認証の使用」の「WZendeskへのアプリケーションの登録」セクションの指示に従ってください。

  2. 次の形式のリダイレクト URL を使用します。

    https://<region>.console.aws.amazon.com/appfabric/oauth2

    この URL では、<region> は、AppFabricアプリバンドルを設定したときの AWS リージョン に対するコードになります。例えば、米国東部 (バージニア北部) リージョンのコードは us-east-1 です。そのリージョンのリダイレクト URL は https://us-east-1.console.aws.amazon.com/appfabric/oauth2 です。

アプリ権限

テナント ID

AppFabric はテナント ID を要求します。AppFabric のテナント ID はZendeskサブドメインです。Zendeskサブドメインを見つける方法について詳しくは、Zendesk Support Web サイトの「Zendeskサブドメインはどこで見つけられますか?」を参照してください。

テナント名

この一意の Zendesk 組織を識別する名前を入力します。AppFabric は、テナント名を使用して、アプリ認証と、アプリ認証から作成されるすべての取り込みにラベルを付けます。

クライアント ID

AppFabric はクライアント ID を要求します。AppFabric のクライアント ID は Zendesk API 固有の識別子です。Zendesk 固有の識別子を見つけるには、次の手順に従います。

  1. Zendeskアカウントの「管理センター」に移動します。

  2. [アプリとインテグレーション] を選択します。

  3. [API」, Zendesk[API].を選択します。

  4. [OAuth クライアント] タブを選択します。

  5. AppFabricに対して作成した OAuthアプリケーションを選択します。

  6. AppFabric の「クライアント ID」フィールドに OAuth クライアントの固有識別子を入力します。

クライアントシークレット

AppFabric はクライアントシークレットを要求します。AppFabric Zendesk のクライアントシークレットはシークレットトークンです。 ZendeskOAuth アプリケーションを初めて作成したときに、Zendeskがシークレットトークンを提示するのは 1 回だけです。最初のシークレットトークンを保存しなかった場合に新しいシークレットトークンを生成するには、以下の手順に従います。

  1. Zendeskアカウントの「管理センター」に移動します。

  2. [アプリとインテグレーション] を選択します。

  3. [API」, Zendesk[API].を選択します。

  4. [OAuth クライアント] タブを選択します。

  5. AppFabricに対して作成した OAuthアプリケーションを選択します。

  6. シークレットトークンフィールドの横にある「再作成」ボタンを選択します。

  7. AppFabric の「クライアントシークレット」フィールドに新しいシークレットトークンを入力します

認証を承認します

AppFabric でアプリ認証を作成すると、Zendesk 認証を承認するよう求めるポップアップウィンドウが表示されます。AppFabric 認証を承認するには、[許可] を選択します。