Zoom - AWS AppFabric

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Zoom

Zoom は、ビジネスや個人にとってより簡単で没入型で動的な接続を可能にする all-in-one インテリジェントなコラボレーションプラットフォームです。 Zoomテクノロジーは、チームチャット、電話、会議、オムニチャネルクラウドコンタクトセンター、スマート録音、ホワイトボードなどのソリューションを通じて、有意義な接続を可能にし、最新のコラボレーションを促進し、人間のイノベーションを促進します。

セキュリティ AWS AppFabric のために を使用すると、 から監査ログとユーザーデータを受信しZoom、データを Open Cybersecurity Schema Framework (OCSF) 形式に正規化し、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットまたは Amazon Data Firehose ストリームにデータを出力できます。

AppFabric のサポート Zoom

AppFabric は、 からのユーザー情報と監査ログの受信をサポートしますZoom。

前提条件

AppFabric を使用して からサポートされている宛先Zoomに監査ログを転送するには、次の要件を満たす必要があります。

  • Zoom のプロ、ビジネス、エデュケーション、またはエンタープライズプランに加入している必要があります。

  • Zoom 管理者ロールには、 server-to-server OAuth アプリケーションを作成するアクセス許可が必要です。 server-to-server OAuth アプリケーションを有効にする方法については、 Zoomウェブサイトの「 デベロッパーガイド」の「サーバー間 OAuth のアクセス許可を有効にする」ページの「アクセス許可を有効にする」セクションを参照してください。 Zoom

  • Zoom管理者ロールには、管理アクティビティログを表示したり、監査アクティビティにサインイン/サインアウトしたりする許可が必要です。監査アクティビティを閲覧する許可を有効にする方法の詳細については、Zoom サポートウェブサイトの「ロール管理の使用」と「管理者アクティビティログの使用」を参照してください。

レート制限に関する考慮事項

Zoom は、Zoom API にレート制限を課します。Zoom API 制限の詳細については、「Zoomデベロッパーガイド」の「レート制限」を参照してください。 AppFabric と既存のZoomアプリケーションの組み合わせが制限を超えると、 に表示される監査ログが遅れ AppFabric る可能性があります。

データ遅延に関する考慮事項

監査イベントが取り込み先に配信されるまでに最大 30 分の遅延が発生する場合があります。これは、アプリケーションで利用できる監査イベントの遅延と、データ損失を減らすための予防措置によるものです。

Zoom アカウント AppFabric への接続

AppFabric サービス内でアプリケーションバンドルを作成したら、 AppFabric で を承認する必要がありますZoom。Zoom で を認証するために必要な情報を見つけるには AppFabric、次のステップに従います。

server-to-server OAuth アプリケーションを作成する

AppFabric は、 server-to-server OAuth とアプリケーション認証情報を使用して と統合しますZoom。で server-to-server OAuth アプリケーションを作成するにはZoom、「 Zoomデベロッパーガイド」の「サーバー間 OAuth アプリケーションの作成 AppFabric 」の手順に従ってください。 はZoomウェブフックをサポートしていません。ウェブフックサブスクリプションを追加するための セクションはスキップできます。

必要範囲

OAuth Zoom server-to-server アプリケーションには、次のスコープを追加する必要があります。

  • user:read:admin

  • report:read:admin

アプリ権限

テナント ID

AppFabric はテナント ID をリクエストします。のテナント ID AppFabric はZoomアカウント ID です。Zoom アカウント ID を確認するには、以下のステップに従います。

  1. Zoom Marketplace にアクセスします。

  2. [管理] を選択します。

  3. に使用する server-to-server OAuth アプリケーションを選択します AppFabric。

  4. アプリ認証情報ページのアカウント ID を のテナント ID フィールドに入力します AppFabric。

テナント名

この一意の Zoom 組織を識別する名前を入力します。 AppFabric はテナント名を使用して、アプリ認証とアプリ認証から作成された取り込みにラベルを付けます。

クライアント ID

AppFabric はクライアント ID をリクエストします。Zoom クライアント ID を確認するには、以下のステップに従います。

  1. Zoom Marketplace にアクセスします。

  2. [管理] を選択します。

  3. に使用する server-to-server OAuth アプリケーションを選択します AppFabric。

  4. アプリ認証情報ページから のクライアント ID フィールドにクライアント ID を入力します AppFabric。

クライアントシークレット

AppFabric はクライアントシークレットをリクエストします。Zoomクライアント ID を確認するには、以下のステップに従います。

  1. Zoom Marketplace にアクセスします。

  2. [管理] を選択します。

  3. に使用する server-to-server OAuth アプリケーションを選択します AppFabric。

  4. アプリ認証情報ページから のクライアントシークレットフィールドにクライアントシークレットを入力します AppFabric。

監査ログの配信

Zoom は、24 時間ごとに API にアクセスして監査ログを利用できるようにします。で監査ログを表示する場合 AppFabric、 に表示されるデータは前日のアクティビティZoomに関するものです。