検出コネクタの展開 - AWS Application Discovery Service

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

検出コネクタの展開

前のセクションでは、AWS Agentless Discovery Connector をOpen Virtualization Archive (OVA) ファイルにダウンロードしました。このセクションでは、ダウンロードした Discovery Connector の仕様と、VMware 環境に展開する方法を示します。

検出コネクタ仮想マシンの仕様

  • オペレーティングシステム—FreeBSD 11 (64 ビット)

  • RAM—2 GB

  • ディスクストレージ

    が vCenter で仮想マシンとして OVA を展開する場合、vCenter クライアントには次の 2 つのプロビジョニングオプションがあります。

    • シンプロビジョニング— 約 7.8 GB

    • シックプロビジョニング— 約 299.0 GB (推奨オプション)

VMware 環境に検出コネクタ OVA ファイルをデプロイするステップを次に示します。

検出コネクタを展開するには

  1. VMware 管理者として vCenter にサインインします。

  2. 選択ファイル,OVF テンプレートのデプロイ前のセクションでダウンロードした OVA ファイルを選択し、ウィザードを閉じます。

  3. [Disk Format] ページで、いずれかのシックプロビジョニングディスクタイプを選択します。最高のパフォーマンスと信頼性を備えているため、[Thick Provision Eager Zeroed] を選択することをお勧めします。ただし、ディスクのフォーマットに数時間かかります。[Thin Provision] は選択しないでください。このオプションではデプロイは速くなりますが、ディスクパフォーマンスは大幅に低下します。詳細については、VMware のドキュメントでサポートされている仮想ディスクのタイプを確認してください。

  4. vSphere クライアントのインベントリツリーで、新しくデプロイされたテンプレートのコンテキスト (右クリック) メニューを見つけて開き、[Power]、[Power On] の順に選択します。

  5. テンプレートのコンテキスト (右クリック) メニューを再度開き、[Open Console] を選択します。コンソールに、コネクタコンソールの IP アドレスが表示されます。IP アドレスをメモしておきます。コネクタのセットアッププロセスを完了するために必要になります。