Discovery Agent をLinux - AWS Application Discovery Service

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Discovery Agent をLinux

Linux で次の手順を完了します。この手順を開始する前に、Migration Hub ホームリージョンが設定されていることを確認してください。

注記

以前の Linux バージョンを使用している場合は、「古い Linux プラットフォームでの要件」を参照してください。

データセンターに AWS アプリケーション検出エージェントをインストールするには

  1. Linux ベースのサーバーまたは VM にサインインし、エージェントコンポーネントを格納するための新しいディレクトリを作成します。

  2. 新しいディレクトリに切り替え、コマンドラインまたはコンソールからインストールスクリプトをダウンロードします。

    1. コマンドラインからダウンロードするには、次のコマンドを実行します。

      curl -o ./aws-discovery-agent.tar.gz https://s3-us-west-2.amazonaws.com/aws-discovery-agent.us-west-2/linux/latest/aws-discovery-agent.tar.gz
    2. Migration Hub コンソールからダウンロードするには、以下の手順を実行します。

      1. コンソールを開いて、[Discovery Tools (検出ツール)] ページに移動します。

      2. [Discovery Agent (検出エージェント)] ボックスで、[Download agent (エージェントのダウンロード)] を選択し、表示されたリストボックスで [Linux] を選択します。ダウンロードがすぐに開始されます。

  3. 次の 3 つのコマンドを使用して、インストールパッケージの暗号署名を確認します。

    curl -o ./agent.sig https://s3.us-west-2.amazonaws.com/aws-discovery-agent.us-west-2/linux/latest/aws-discovery-agent.tar.gz.sig
    curl -o ./discovery.gpg https://s3.us-west-2.amazonaws.com/aws-discovery-agent.us-west-2/linux/latest/discovery.gpg
    gpg --no-default-keyring --keyring ./discovery.gpg --verify agent.sig aws-discovery-agent.tar.gz

    エージェントパブリックキー (discovery.gpg) のフィンガープリントは、7638 F24C 6717 F97C 4F1B 3BC0 5133 255E 4DF4 2DA2 です。

  4. 次に示すように、tarball から抽出します。

    tar -xzf aws-discovery-agent.tar.gz
  5. エージェントをインストールするには、以下のインストール方法のどちらかを選択します。

    実行方法 手順

    Discovery Agent をインストールする

    エージェントをインストールするには、以下の例にあるエージェントインストールコマンドを実行します。この例では、置き換えますyour-home-regionお住まいの地域の名前と共にaws-access-key-idお客様のアクセスキー ID とaws-secret-access-keyお客様のシークレットアクセスキーで。

    sudo bash install -r your-home-region -k aws-access-key-id -s aws-secret-access-key

    エージェントはデフォルトで、更新が利用可能になると、それらを自動的にダウンロードして適用します。

    このデフォルト設定の使用が推奨されます。

    ただし、エージェントによる更新の自動ダウンロードと適用を希望しない場合は、エージェントインストールコマンドを実行するときに -u false パラメータを含めてください。

    (オプション) Discovery Agent をインストールして非透過プロキシを設定する

    非透過プロキシを設定するには、エージェントインストールコマンドに以下のパラメータを追加します。

    • -e プロキシパスワード。

    • -f プロキシポート番号。

    • -g プロキシスキーム。

    • -i プロキシユーザーネーム。

    以下は、非透過プロキシパラメータを使用したエージェントインストールコマンドの例です。

    sudo bash install -r your-home-region -k aws-access-key-id -s aws-secret-access-key -d myproxy.mycompany.com -e mypassword -f proxy-port-number -g https -i myusername

    プロキシに認証が必要ではない場合、-e-i パラメータは使用しません。

    このインストールコマンド例では https が使用されていますが、プロキシが HTTP を使用する場合は -g パラメータ値に http を指定してください。

  6. ネットワークからの発信接続が制限されている場合は、ファイアウォール設定を更新する必要があります。エージェントには、TCP ポート 443 を介した arsenal へのアクセスが必要です。着信ポートを開く必要はありません。

    たとえば、ホームリージョンが eu-central-1 の場合、https://arsenal-discovery.eu-central-1.amazonaws.com:443 を使用できます。

古い Linux プラットフォームでの要件

一部の古い Linux プラットフォーム (SUSE 10、CentOS 5、RHEL 5 など) はサポートが終了しているか、最低限のサポート対象となります。これらのプラットフォームは苦しむ可能性があります out-of-dateエージェント更新スクリプトによるインストールパッケージのダウンロードを妨げる暗号化スイート。

Curl

アプリケーションディスカバリーエージェントには次のものが必要ですcurlとの安全な通信のためAWSサーバー。一部の古いバージョンの curl は、最新のウェブサービスと安全に通信することはできません。

すべてのオペレーションでcurl バージョンが含まれるアプリケーション検出エージェントを使用するには、-c true パラメータでインストールスクリプトを実行します。

認証機関バンドル

古いLinuxシステムには out-of-date 認証局 (CA) バンドル。安全なインターネット通信に欠かせません。

すべてのオペレーションで CA バンドルが含まれるアプリケーション検出エージェントを使用するには、-b true パラメータでインストールスクリプトを実行します。

これらのインストールスクリプトオプションは併用可能です。以下のコマンド例では、両方のスクリプトパラメータがインストールスクリプトに渡されます。

sudo bash install -r your-home_region -k aws-access-key-id -s aws-secret-access-key -c true -b true

 

Linux で Discovery Agent プロセスを管理する

Discovery Agent の動作は、systemdUpstart、または System V init ツールを使用してシステムレベルで管理することができます。以下のタブは、それぞれのツールでサポートされているタスクのコマンドの概要を示しています。

systemd
Application Discovery Agent の管理コマンド
タスク コマンド
エージェントが実行されていることを確認

sudo systemctl status aws-discovery-daemon.service

エージェントの開始

sudo systemctl start aws-discovery-daemon.service

エージェントの停止

sudo systemctl stop aws-discovery-daemon.service

エージェントの再起動

sudo systemctl restart aws-discovery-daemon.service

Upstart
アプリケーション検出エージェントの管理コマンド
タスク コマンド
エージェントが実行されていることを確認

sudo initctl status aws-discovery-daemon

エージェントの開始

sudo initctl start aws-discovery-daemon

エージェントの停止

sudo initctl stop aws-discovery-daemon

エージェントの再起動

sudo initctl restart aws-discovery-daemon

System V init
アプリケーション検出エージェントの管理コマンド
タスク コマンド
エージェントが実行されていることを確認

sudo /etc/init.d/aws-discovery-daemon status

エージェントの開始

sudo /etc/init.d/aws-discovery-daemon start

エージェントの停止

sudo /etc/init.d/aws-discovery-daemon stop

エージェントの再起動

sudo /etc/init.d/aws-discovery-daemon restart

Linux から Discovery Agent をアンインストールする

このセクションでは、Linux から Discovery Agent をアンインストールする方法を説明します。

yum パッケージマネージャの使用時にエージェントをアンインストールする

  • yum を使用している場合は、以下のコマンドを使用してエージェントをアンインストールします。

    rpm -e --nodeps aws-discovery-agent

apt-get パッケージマネージャの使用時にエージェントをアンインストールする

  • apt-get を使用している場合は、以下のコマンドを使用してエージェントをアンインストールします。

    apt-get remove aws-discovery-agent:i386

zypper パッケージマネージャの使用時にエージェントをアンインストールする

  • zypper を使用している場合は、以下のコマンドを使用してエージェントをアンインストールします。

    zypper remove aws-discovery-agent

Linux Discovery Agent

Linux での Discovery Agent のインストール中、または使用中に問題が発生した場合は、ロギングと設定に関する以下のガイダンスを参照してください。エージェントまたはエージェントの Application Discovery Service への接続に関する潜在的な問題のトラブルシューティングのサポート時に、AWSSupport は、これらのファイルを頻繁に要求します。

  • ログファイル

    Discovery Agent のログファイルは、以下のディレクトリにあります。

    /var/log/aws/discovery/

    ログファイルには、それらがメインデーモン、自動アップグレーダー、またはインストーラのどれによって生成されたかを示す名前が付けられています。

     

  • 設定ファイル

    Discovery Agent バージョン 2.0.1617.0 以降の設定ファイルは、以下のディレクトリにあります。

    /etc/opt/aws/discovery/

    2.0.1617.0 より前の Discovery Agent バージョンの設定ファイルは、以下のディレクトリにあります。

    /var/opt/aws/discovery/
  • 旧バージョンの Discovery Agent を削除する手順については、「Discovery Agent の前提条件」を参照してください。