データソースコネクタ用の VPC を作成する - Amazon Athena

データソースコネクタ用の VPC を作成する

一部の Athena データソースコネクタには VPC とセキュリティグループが必要です。このトピックでは、サブネットと VPC 用のセキュリティグループを持つ VPC を作成する方法について説明します。このプロセスの一環として、作成した VPC、サブネット、およびセキュリティグループの ID を取得します。これらの ID は、コネクタを Athena で使用するように構成するときに必要になります。

Athena データソースコネクタ用の VPC を作成するには

  1. AWS Management Console にサインインして、Amazon VPC コンソール (https://console.aws.amazon.com/vpc/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[New VPC Experience] (新しい VPC エクスペリエンス) が選択されていることを確認します。

  3. [Create VPC] (VPC作成) を選択します。

  4. [VPC Settings] (VPC 設定) の [Resources to create] (作成するリソース) で、[VPC and more] (VPC など) を選択します。

  5. [Auto-generate] (自動生成) で、VPC 内のすべてのリソースの名前タグを生成する際に使用される値を入力します。

  6. [Create VPC] (VPC作成) を選択します。

  7. [View VPC] (VPC を表示) を選択します。

  8. [Details] (詳細) セクションの [VPC ID] に、後で参照できるように VPC ID をコピーします。

これで、先ほど作成した VPC のサブネット ID を取得する準備が整いました。

VPC サブネット ID を取得するには

  1. VPC コンソールのナビゲーションペインで、[Subnets] (サブネット) を選択します。

  2. 作成したサブネットに対応する名前を選択します。

  3. [Details] (詳細) セクションの [Subnet ID] (サブネット ID) に、後で参照できるようにサブネット ID をコピーします。

次に、VPC 用のセキュリティグループを作成します。

VPC 用のセキュリティグループを作成するには

  1. VPC コンソールのナビゲーションペインで、[Security] (セキュリティ)、[Security Groups] (セキュリティグループ) を選択します。

  2. [セキュリティグループの作成] を選択します。

  3. [Create security group] (セキュリティグループの作成) ページで、以下の情報を入力します。

    • [Security group name] (セキュリティグループ名) に、セキュリティグループの名前を入力します。

    • [Description] (説明) に、セキュリティグループの説明を入力します。このフィールドは必須です。

    • [VPC] に、データソースコネクタ用に作成した VPC の VPC ID を入力します。

    • [Inbound rules] (インバウンドルール) と [Outbound rules] (アウトバウンドルール) で、必要なインバウンドルールとアウトバウンドルールを追加します。

  4. [セキュリティグループの作成] を選択します。

  5. セキュリティグループの [Details] (詳細) ページに、後で参照できるように [Security group ID] (セキュリティグループ ID) をコピーします。