Athena Query Federation SDK を使用したデータソースコネクタの記述 - Amazon Athena

Athena Query Federation SDK を使用したデータソースコネクタの記述

独自のデータソースコネクタを記述するには、Athena Query Federation SDK を使用できます。Athena Query Federation SDK は、Athena がそのクエリ実行プラインの一部をユーザーが記述してデプロイするコードに委託するために使用できる、インターフェイスとワイヤプロトコルの一式を定義します。SDK には、コネクタスイートとコネクタの例が含まれています。

また、ユーザー独自の使用のために、Amazon Athena の事前構築されたコネクタをカスタマイズすることもできます。GitHub からのソースコードのコピーを変更し、コネクタ公開ツールを使用して独自の AWS Serverless Application Repository パッケージを作成することができます。この方法でコネクタをデプロイした後は、それを Athena クエリで使用することができます。

注記

Amazon Athena の横串検索機能を使用するには、ワークグループを Athena エンジンバージョン 2 に設定します。この手順については、「Athena エンジンバージョンの変更」を参照してください。

SDK をダウンロードする方法と、独自のコネクタを記述するための詳細な手順については、GitHub の「Example Athena connector」(Example Athena コネクタ) を参照してください。