メニュー
Amazon Athena
ユーザーガイド

データ型

CREATE TABLE を実行する場合、列名とそのデータ型を指定する必要があります。このコマンドの詳細な構文については、CREATE TABLE を参照してください。

フィールド col_name は、Athena で作成するテーブルの各列の名前とデータ型を指定します。col_name がアンダースコアで始まる場合は、バックティックで囲みます (例: `_mycolumn`)。

Athena でサポートされるデータ型のリスト

CREATE TABLEcol_name フィールドの data_type には、次のいずれかの値を指定できます。

  • primitive_type
    • TINYINT

    • SMALLINT

    • INT

    • BIGINT

    • BOOLEAN

    • DOUBLE

    • FLOAT

    • STRING

    • TIMESTAMP

    • DECIMAL [ (precision, scale) ]

    • DATE (PARQUET file_format ではサポート対象外)

    • CHAR. 固定長の文字データ。1〜255 の長さを指定できます (例: char(10))。詳細については、「CHAR Hive データ型」を参照してください。

    • VARCHAR. 可変長の文字データ。1〜65535 の長さを指定できます (例: varchar(10))。詳細については、「VARCHAR Hive データ型」を参照してください。

  • array_type
    • ARRAY < data_type >

  • map_type
    • MAP < primitive_type, data_type >

  • struct_type
    • STRUCT < col_name : data_type [COMMENT col_comment] [, ...] >