のデータ型 Amazon Athena - Amazon Athena

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

のデータ型 Amazon Athena

実行時 テーブルの作成各列に含むことのできる列名とデータ型を指定します。 Athena は、以下のデータ型をサポートしています。JDBC ドライバがサポートするデータ型マッピングについては、 Athena、JDBC、および Java については、以下を参照してください。 データタイプJDBCドライバのインストールおよび構成ガイド. ODBC ドライバーがサポートするデータ タイプ マッピングについては、 Athena および SQL、参照 データタイプODBC Driver インストールおよび構成ガイド.

  • BOOLEAN – 値は true および false.

  • TINYINT – 2 の補数形式の 8 ビット符号付き INTEGER。最小値は -27、最大値は 27-1 です。

  • SMALLINT – 2 の補数形式の 16 ビット符号付き INTEGER。最小値は -215、最大値は 215-1 です。

  • INT および INTEGER – Athena は、2 種類の異なる整数データ型の実装です。

    • INT – Athena では、データ定義言語 (DDL) クエリで、INT データ型を使用します。

    • INTEGER – DMLクエリでは、 Athena では、 INTEGER データ型。INTEGER は、2 の補数形式で 32 ビット符号付き値として表され、最小値は -2 です。31 および最大値231-1.

      • ビジネス分析アプリケーションとの互換性を保証するため、JDBC ドライバーは INTEGER 型を返します。

  • BIGINT – 2 の補数形式の 64 ビット符号付き INTEGER。最小値は -263、最大値は 263-1 です。

  • DOUBLE – 64 ビットの倍精度浮動小数点数。

  • FLOAT – 32 ビットの単精度浮動小数点数。Presto の REAL に相当。イン Athena、使用 FLOAT 次のようなDDLステートメントで CREATE TABLE および REAL SQL 関数で SELECT CAST. [ AWS Glue クローラーは、次の値を返します。 FLOAT、および Athena 翻訳 REAL および FLOAT 種類( 2018 年 5 月 6 日 リリースノート)。

  • DECIMAL(precision, scale)precision は、合計桁数です。scale (オプション) は、デフォルトが 0 の分数部分の桁数です。たとえば、次のタイプ定義を使用します。DECIMAL(11,5)DECIMAL(15).

    クエリDDL式で特定の10進値を持つ行を選択するなど、10進値をリテラルとして指定するには、 DECIMAL この例のように、クエリで10進数をリテラル(一重引用符)としてリストします。decimal_value = DECIMAL '0.12'.

  • CHAR – 固定長文字データ。たとえば、 char(10). 詳細については、以下を参照してください。 CHARハイブデータタイプ.

    注記

    substr 関数を使用して、CHAR データ型から指定された長さの部分文字列を返すには、次の例のように、まず CHAR 値を VARCHAR としてキャストする必要があります。

    substr(cast(col1 as varchar), 1, 4)
  • VARCHAR – 可変長文字データ。 varchar(10). 詳細については、以下を参照してください。 VARCHARハイブデータタイプ.

  • STRING – 一重引用符または二重引用符で囲まれた文字列リテラル。詳細については、「STRING Hive データ型」を参照してください。

    注記

    文字列以外のデータ型は、Athena で STRING にキャストすることができません。代わりに VARCHAR にキャストします。

  • BINARY – Parquetのデータに使用されます。

  • DATE – 次のようなISO形式の日付 YYYY-MM-DD. たとえば、 DATE '2008-09-15'.

  • TIMESTAMP – の日付と時刻の瞬間 java.sql.Timestamp 互換性のあるフォーマット、たとえば yyyy-MM-dd HH:mm:ss[.f...]. たとえば、 TIMESTAMP '2008-09-15 03:04:05.324'. この形式は、セッションのタイムゾーンを使用します。

  • ARRAY<data_type>

  • MAP<primitive_type, data_type>

  • STRUCT<col_name : data_type [COMMENT col_comment] , ...>