2018 年 5 月 6 日 - Amazon Athena

2018 年 5 月 6 日

公開日: 2018 年 06 月 05 日

ビューのサポート

ビューのサポートが追加されました。Athena で CREATE VIEWDESCRIBE VIEWDROP VIEWSHOW CREATE VIEW、および SHOW VIEWS が使用できるようになりました。ビューを定義するクエリは、クエリでビューを参照するたびに実行されます。詳細については、「」を参照してくださいビューの使用

エラーメッセージの改善と更新

  • GSON 2.8.0 ライブラリを CloudTrail SerDe に含めることで、CloudTrail SerDe の問題を解決し、JSON 文字列の改正を有効にしました。

  • 列の順序変更を可能にすることによって、Parquet (場合によっては ORC) に対する Athena でのパーティションスキーマ検証が強化されました。これにより、徐々に進化するスキーマの変化と AWS Glue クローラから追加されるテーブルに、Athena で、より適切に対応できるようになりました。詳細については、「スキーマの更新を処理する」を参照してください。

  • SHOW VIEWS に解析サポートが追加されました。

  • 最も一般的なエラーメッセージに次の改善が加えられました。

    • Athena クエリで SerDe が列の解析に失敗するときの「Internal Error」メッセージを、説明的なエラーメッセージに置き換えました。これまで、Athena は解析エラーの場合に内部エラーを発行していました。新しいエラーメッセージは次のようになります。「HIVE_BAD_DATA: フィールド 0: java.lang のフィールド値の解析エラー。文字列は org.openx.data.jsonserde.json.JSONObject にキャストできません」

    • アクセス許可不足のエラーメッセージが改善されて、詳細が追加されました。

バグ修正

以下のバグを修正しました。

  • REAL から FLOAT データ型への内部変換を有効にする問題が修正されました。これによって、AWS Glue データ型を返す FLOAT クローラの統合が改善されました。

  • Athena が AVRO DECIMAL (論理的な型) を DECIMAL 型に変換しない問題が修正されました。

  • Athena が、WHERE データ型の値を参照する TIMESTAMP 句での Parquet データのクエリの結果を返さない問題が修正されました。