メニュー
Amazon Athena
ユーザーガイド

どのようなときにビューを使うのでしょう。

以下の目的でビューを作成できます。

  • データのサブネットをクエリする。たとえば、元のテーブルから列のサブネットがあるテーブルを作成して、データのクエリを単純化できます。

  • 複数のテーブルを 1 つのクエリに結合する。複数のテーブルを持ち、それらを UNION ALLと組み合わせる場合は、その式でビューを作成して、結合テーブルに対するクエリを簡素化できます。

  • 既存の基本クエリの複雑性を解消して、ユーザーによるクエリの実行を単純化する。基本クエリには、テーブル間の結合、列リストの表現や他の SQL 構文が含まれていることより、その理解とデバッグが困難なことがよくあります。複雑性を解消して、クエリを単純化するビューを作成できます。

  • 最適化手法を試用して、最適化されたクエリを作成する。たとえば、WHERE 条件、JOIN 順序、あるいはベストパフォーマンスを示す他の表現の組み合わせを見つけた場合には、これらの句および表現でビューを作成することができます。こうして、アプリケーションはこのビューに対して比較的な単純なクエリを実行できます。後に、元のクエリを最適化するためのより良い方法を見つけた場合には、ビューを再作成するときに、すべてのアプリケーションは最適化された基本クエリを即時に採用します。

  • 基礎となるテーブルおよび列の名前を隠し、メンテナンス問題を最小限に抑える (この名前が変更された場合)。この場合、新しい名前を使用して、ビューを再作成します。基礎となるテーブルではなく、このビューを使用するすべてのクエリは、変更なしで実行を続けます。