AWS Audit Manager で使用可能なフレームワークへのアクセス - AWS 監査マネージャー

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

AWS Audit Manager で使用可能なフレームワークへのアクセス

利用可能なすべてのフレームワークのリストは、AWS 監査マネージャーの [Framework library (フレームワークライブラリ)] ページにあります。フレームワークライブラリページから、フレームワークから評価を作成カスタムフレームワークを作成、または既存のフレームワークをカスタマイズすることもできます。

AWS Audit Manager で使用可能なフレームワークにアクセスするには

  1. AWS Audit Manager コンソール (https://console.aws.amazon.com/auditmanager/home

  2. 左のナビゲーションペインで、[Framework library (フレームワークライブラリ)] を選択します。

  3. 使用できる標準フレームワークとカスタムフレームワークを参照するには、[Standard frameworks (標準フレームワーク)] タブまたは [Custom frameworks (カスタムフレームワーク)] タブを選択します。

  4. 任意のフレームワーク名を選択すると、そのフレームワークの関連する詳細が表示されます。