Auto Scaling グループのスケーリングポリシーを無効化する - Amazon EC2 Auto Scaling

Auto Scaling グループのスケーリングポリシーを無効化する

このトピックでは、Auto Scaling グループに含まれるインスタンス数の変更を開始しないように、スケーリングポリシーを一時的に無効にする方法について説明します。スケーリングポリシーを無効にすると、設定の詳細が保持されるため、ポリシーをすばやく再度有効にできます。これは、不要なポリシーを一時的に削除し、後で再作成するよりも簡単です。

スケーリングポリシーが無効になっている場合、スケーリングポリシーが無効になっている間は、違反したメトリクスアラームに対して Auto Scaling グループはスケールアウトまたはスケールインしません。ただし、進行中のスケーリングアクティビティは停止しません。

無効にしたスケーリングポリシーは、Auto Scaling グループに追加できるスケーリングポリシーの数のクォータにカウントされることに注意してください。

スケーリングポリシーを無効にするには (コンソール)

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/ でAmazon EC2 コンソールを開き、ナビゲーションペインで [Auto Scaling グループ] を選択します。

  2. Auto Scaling グループの横にあるチェックボックスを選択します。

    [Auto Scaling groups] (Auto Scaling グループ) ページの下部にスプリットペインが開きます。

  3. [Automatic scaling] (オートスケーリング) タブの、[Dynamic scaling policies] (動的スケーリングポリシー) で、目的のスケーリングポリシーの右上隅にあるチェックボックスをオンにします。

  4. 画面の上部までスクロールし、[Dynamic scaling policies] (動的スケーリングポリシー) セクションを選択した後、[Actions] (アクション)、[Disable] (無効) の順にクリックします。

スケーリングポリシーを再度有効にする準備ができたら、これらのステップを繰り返し、[Actions (アクション)]、[Enable (有効にする)] の順に選択します。スケーリングポリシーを再度有効にすると、現在 ALARM 状態のアラームがある場合、Auto Scaling グループは直ちにスケーリングアクションを開始できます。

スケーリングポリシーを無効にするには (AWS CLI)

--no-enabled オプションを次のように使用して、put-scolicy コマンドを使用します。ポリシーの作成時に指定するオプションと同様に、コマンド内のすべてのオプションを指定します。

aws autoscaling put-scaling-policy --auto-scaling-group-name my-asg \ --policy-name my-scaling-policy --policy-type TargetTrackingScaling \ --estimated-instance-warmup 360 \ --target-tracking-configuration '{ "TargetValue": 70, "PredefinedMetricSpecification": { "PredefinedMetricType": "ASGAverageCPUUtilization" } }' \ --no-enabled

スケーリングポリシーを再度有効にするには (AWS CLI)

--enabled オプションを次のように使用して、put-scolicy コマンドを使用します。ポリシーの作成時に指定するオプションと同様に、コマンド内のすべてのオプションを指定します。

aws autoscaling put-scaling-policy --auto-scaling-group-name my-asg \ --policy-name my-scaling-policy --policy-type TargetTrackingScaling \ --estimated-instance-warmup 360 \ --target-tracking-configuration '{ "TargetValue": 70, "PredefinedMetricSpecification": { "PredefinedMetricType": "ASGAverageCPUUtilization" } }' \ --enabled

スケーリングポリシーを説明するには (AWS CLI)

describe-policies コマンドを使用して、スケーリングポリシーの有効なステータスを確認します。

aws autoscaling describe-policies --auto-scaling-group-name my-asg \ --policy-names my-scaling-policy

以下は出力例です。

{ "ScalingPolicies": [ { "AutoScalingGroupName": "my-asg", "PolicyName": "my-scaling-policy", "PolicyARN": "arn:aws:autoscaling:us-west-2:123456789012:scalingPolicy:1d52783a-b03b-4710-bb0e-549fd64378cc:autoScalingGroupName/my-asg:policyName/my-scaling-policy", "PolicyType": "TargetTrackingScaling", "StepAdjustments": [], "Alarms": [ { "AlarmName": "TargetTracking-my-asg-AlarmHigh-9ca53fdd-7cf5-4223-938a-ae1199204502", "AlarmARN": "arn:aws:cloudwatch:us-west-2:123456789012:alarm:TargetTracking-my-asg-AlarmHigh-9ca53fdd-7cf5-4223-938a-ae1199204502" }, { "AlarmName": "TargetTracking-my-asg-AlarmLow-7010c83d-d55a-4a7a-abe0-1cf8b9de6d6c", "AlarmARN": "arn:aws:cloudwatch:us-west-2:123456789012:alarm:TargetTracking-my-asg-AlarmLow-7010c83d-d55a-4a7a-abe0-1cf8b9de6d6c" } ], "TargetTrackingConfiguration": { "PredefinedMetricSpecification": { "PredefinedMetricType": "ASGAverageCPUUtilization" }, "TargetValue": 70.0, "DisableScaleIn": false }, "Enabled": true } ] }