耐障害性と柔軟性のあるアプリケーションのためのスポットインスタンスのリクエスト - Amazon EC2 Auto Scaling (日本語)

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

耐障害性と柔軟性のあるアプリケーションのためのスポットインスタンスのリクエスト

Amazon EC2スポットインスタンスは、EC2 オンデマンド料金と比べて大幅な割引価格で利用できる予備容量です。スポットインスタンスは、さまざまな耐障害性と柔軟性のあるアプリケーションに使用できます。

このトピックでは、Auto Scalingグループ自体ではなく起動設定で設定を指定して、Auto Scalingグループ内のスポットインスタンスのみを起動する方法について説明します。このトピックの情報は、起動テンプレートを使用してスポットインスタンスをリクエストするAuto Scalingグループにも適用されます。

重要

スポットインスタンスは通常、オンデマンドインスタンスを補足するために使用されます。このシナリオでは、 Auto Scaling グループの設定の一部としてスポットインスタンスの起動に使用されるものと同じ設定を指定できます。Auto Scalingグループの一部として設定を指定する場合、一定数のオンデマンドインスタンスを起動した後にのみスポットインスタンスを起動するようにリクエストできます。その後、グループのスケーリングに応じて、オンデマンドインスタンスとスポットインスタンスの特定の組み合わせを起動します。詳細については、を参照してください 複数のインスタンスタイプと購入オプションを使用する Auto Scaling グループ

Amazon EC2 Auto Scaling を使用してスポットインスタンスを起動する前に、Amazon EC2 を使用したスポットインスタンスの起動と管理に慣れておくことをお勧めします。詳細については、https://docs.aws.amazon.com/AWSEC2/latest/UserGuide/using-spot-instances.htmlの「Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイドスポットインスタンス」を参照してください。

起動設定や起動テンプレートを作成してオンデマンドインスタンスではなくスポットインスタンスを起動する場合は、以下の考慮事項に留意してください。

  • 上限価格を設定する。 起動設定または起動テンプレートの一部として支払いの上限価格を設定します。スポット価格が上限価格以下である場合、リクエストが落札されるかどうかは、スポットインスタンスの容量によります。起動するスポットインスタンスのスポット価格のみを支払います。スポットインスタンスの価格が、お客様の Auto Scaling グループで実行中のインスタンスに対する上限価格を上回ると、Amazon EC2 はお客様のインスタンスを終了します。詳細については、次のガイドの「料金表と削減額」を参照してくださいLinux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド

  • 上限価格を変更する。 新しい価格を設定した起動設定または起動テンプレートのバージョンを作成する必要があります。新しい起動設定を使用する場合は、それを Auto Scaling グループに関連付ける必要があります。起動テンプレートを使用すると、Auto Scaling グループがデフォルトテンプレートまたは最新バージョンのテンプレートを使用するように設定できます。これにより、新しい価格は Auto Scaling グループに自動的に関連付けられます。これらのインスタンスに使用する起動設定または起動テンプレートで指定された上限価格が現在のスポット価格より高い限り、既存のインスタンスが実行され続けます。

  • スポットインスタンスを維持する。 スポットインスタンスが削除されると、Auto Scaling グループはグループの希望する容量を維持するために、代わりのインスタンスを起動しようとします。上限価格がスポット価格よりも高い場合は、スポットインスタンスが起動されます。それ以外の場合 (またはリクエストが正常に行われなかった場合) は、試行が続けられます。

  • アベイラビリティーゾーン間でのバランシング。 複数のアベイラビリティーゾーンを指定した場合、Amazon EC2 Auto Scaling は指定したゾーンの間でスポットリクエストを分散します。上限価格が 1 つのアベイラビリティーゾーンでリクエストを落札するには低すぎる場合、Amazon EC2 Auto Scaling は他のアベイラビリティーゾーンでリクエストが落札されたかどうか確認します。その場合、Amazon EC2 Auto Scaling は失敗したリクエストをキャンセルし、リクエストが落札されたアベイラビリティーゾーンの間でリクエストを再分散します。落札されたリクエストがないアベイラビリティーゾーンの料金が、今後のリクエストに成功するために十分に下がった場合、Amazon EC2 Auto Scaling はすべてのアベイラビリティーゾーンの間で再調整します。詳細については、を参照してください アクティビティの再分散

  • スポットインスタンスの終了。Amazon EC2 Auto Scaling は、オンデマンドインスタンスの終了や置き換えと同じ方法で、スポットインスタンスの終了や置き換えを行うことができます。詳細については、を参照してください スケールイン時にどのAuto Scalingインスタンスを終了するかを制御する

  • スポットインスタンスの中断の通知。 スポットインスタンスの中断の通知を使用して、スポットインスタンスのステータスをモニタリングできます。例えば、Amazon SNS トピック、AWS Lambda 関数、別のターゲットのいずれかに EC2 スポットの 2 分前警告を自動的に送信するルールを Amazon EventBridge で設定できます。詳細については、Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイドおよび の「スポットインスタンスの中断の通知」を参照してくださいAmazon EventBridge ユーザーガイド