インスタンスの更新のステータスを確認する - Amazon EC2 Auto Scaling

インスタンスの更新のステータスを確認する

Auto Scaling グループのインスタンスの更新ステータスは、コンソールまたは AWS CLI を使用して取得することができます。

ヒント

以下の手順では、Auto Scaling グループについて [Instance refresh history] (インスタンスの更新履歴)、[Activity history] (アクティビティ履歴)、および [Instances] (インスタンス) の各セクションを調べます。各セクションには、名前付きの列がすでに表示されているはずです。非表示の列を表示する、または表示される行の数を変更するには、各セクションの右上隅にある歯車アイコンを選択して設定モーダルを開き、必要に応じて設定を更新してから、[Confirm] (確認) を選択します。

インスタンスの更新のステータスを確認する (コンソール)
  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/ でAmazon EC2 コンソールを開き、ナビゲーションペインで [Auto Scaling グループ] を選択します。

  2. Auto Scaling グループの横にあるチェックボックスを選択します。

    [Auto Scaling groups] (Auto Scaling グループ) ページの下部にスプリットペインが開きます。

  3. [Instance refresh history] (インスタンスの更新履歴) の [Instance refresh] (インスタンスの更新) タブで、[Status] (ステータス) 列を確認し、リクエストのステータスを決定できます。初期化中、オペレーションは Pending ステータスになります。その後、ステータスはすぐに InProgress に変わります。すべてのインスタンスが更新されると、ステータスが Successful に変わります。

  4. [Activity (アクティビティ)] タブの [Activity history (アクティビティ履歴)] では、インスタンスの更新が開始されると、インスタンスの終了時、インスタンスの起動時に、それぞれ別のエントリが表示されます。[Description (説明)] 列で、インスタンス ID を確認できます。

  5. (オプション) スケーリングアクティビティが多数存在する場合は、アクティビティ履歴の上部端にある [>] アイコンを選択して、スケーリングアクティビティの次ページを表示します。

  6. [インスタンス管理] タブの [インスタンス] で、インスタンスが正常に起動したことを確認できます。当初、インスタンスの状態は Pending です。インスタンスがトラフィックを受信できるようになったら、そのステータスは InService です。[Health Status] 列には、インスタンスのヘルスチェックの結果が表示されます。

インスタンスの更新のステータスを確認するには (AWS CLI)

次のdescribe-instance-refreshesコマンドを使用して、Auto Scaling グループのインスタンスの更新を表示します。

aws autoscaling describe-instance-refreshes --auto-scaling-group-name my-asg

出力例:

{ "InstanceRefreshes": [ { "InstanceRefreshId": "08b91cf7-8fa6-48af-b6a6-d227f40f1b9b", "AutoScalingGroupName": "my-asg", "Status": "InProgress", "StartTime": "2020-06-02T18:11:27Z", "PercentageComplete": 0, "InstancesToUpdate": 5 }, { "InstanceRefreshId": "dd7728d0-5bc4-4575-96a3-1b2c52bf8bb1", "AutoScalingGroupName": "my-asg", "Status": "Successful", "StartTime": "2020-06-02T16:43:19Z", "EndTime": "2020-06-02T16:53:37Z", "PercentageComplete": 100, "InstancesToUpdate": 0 } ] }