ロードバランサーのアタッチメントステータスについて - Amazon EC2 Auto Scaling

ロードバランサーのアタッチメントステータスについて

[describe-load-balancer-target-groups] (ロードバランサーターゲットグループを記述する) コマンドを使用してターゲットグループを記述した場合、または [describe-load-balancers] (ロードバランサーを記述する) コマンドを使用してロードバランサーを記述した場合、State パラメータにロードバランサーのアタッチメントステータスが返されます。

ロードバランサーをアタッチすると、グループのインスタンスの登録中、Adding 状態になります。グループのすべてのインスタンスがメンバーとされると、Added の状態になります。最低 1 つの登録されたインスタンスがヘルスチェックを通過した後、InService 状態になります。ロードバランサーが InService 状態にある場合、Amazon EC2 Auto Scaling は異常と報告されたインスタンスを 終了し、置き換えることができます。メンバーとされたインスタンスがヘルスチェックに合格しない場合 (例えば、誤って設定されたヘルスチェックが原因)、ロードバランサーは InService 状態に入力しません。Amazon EC2 Auto Scaling はインスタンスを終了し置き換えをすることはありません。

ロードバランサーをデタッチすると、グループのインスタンスの登録解除中、Removing 状態になります。登録解除されてもインスタンスは引き続き実行されます。Application Load Balancer、Network Load Balancer、および Gateway Load Balancer では、Connection Draining がデフォルトで有効になっています。Connection Draining が有効になっている場合、Elastic Load Balancing は、処理中のリクエストが完了するまで、または最大タイムアウトの期限が切れるまで (どちらか早い方) 待機してから、インスタンスの登録を解除します。