インスタンスの更新のデフォルト値について説明する - Amazon EC2 Auto Scaling

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

インスタンスの更新のデフォルト値について説明する

インスタンスの更新を開始する前に、インスタンスの更新に影響するさまざまな設定をカスタマイズできます。一部の設定のデフォルトは、コンソールとコマンドライン (AWS CLI または AWS SDK) のどちらを使用するかによって異なります。

次の表には、インスタンスの更新設定のデフォルト値が一覧表示されています。

設定 AWS CLI または AWS SDK Amazon EC2 Auto Scaling コンソール
CloudWatch アラーム 無効 (null) 無効
[自動ロールバック] 無効 (false) 無効
チェックポイント 無効 (false) 無効
[チェックポイントの遅延] 1 時間 (3600 秒) 1 時間
インスタンスのウォームアップ 定義されている場合は デフォルトのインスタンスのウォームアップ。定義されていない場合はヘルスチェックの猶予期間 定義されている場合は デフォルトのインスタンスのウォームアップ。定義されていない場合はヘルスチェックの猶予期間
最大正常率 インスタンスのメンテナンスポリシーによって異なります。インスタンスのメンテナンスポリシーがない場合、デフォルトで 100% (null) になります。 インスタンスのメンテナンスポリシーによって異なります。インスタンスのメンテナンスポリシーがない場合、デフォルトで 100% (null) になります。
最小正常率 インスタンスのメンテナンスポリシーによって異なります。インスタンスメンテナンスポリシーがない場合、デフォルトで 90% になります。 インスタンスのメンテナンスポリシーによって異なります。インスタンスメンテナンスポリシーがない場合、デフォルトで 90% になります。
[スケールインで保護されたインスタンス] 待機 Ignore (無視)
スキップマッチング 無効 (false) 有効
[スタンバイインスタンス] 待機 Ignore (無視)

各設定の説明は次のとおりです。

CloudWatch アラーム (AlarmSpecification

CloudWatch アラーム仕様. CloudWatch alarms を使用すると、問題を特定し、アラームが ALARM状態になった場合にオペレーションを失敗させることができます。詳細については、「自動ロールバックでインスタンスの更新を開始」を参照してください。

自動ロールバック (AutoRollback)

インスタンスの更新が失敗した場合に、Amazon EC2 Auto Scaling が Auto Scaling グループを以前の設定にロールバックするかどうかを制御します。詳細については、「ロールバックで変更の取り消し」を参照してください。

チェックポイント (CheckpointPercentages)

Amazon EC2 Auto Scaling がインスタンスを段階的に置き換えるかどうかを制御します。これは、すべてのインスタンスを置き換える前にインスタンスの検証を実行する必要がある場合に便利です。詳細については、「インスタンスの更新にチェックポイントを追加する」を参照してください。

チェックポイントの遅延 (CheckpointDelay)

チェックポイントの後に続行する前に待機する時間 (秒単位)。詳細については、「インスタンスの更新にチェックポイントを追加する」を参照してください。

インスタンスのウォームアップ (InstanceWarmup)

Amazon EC2 Auto Scaling が新しいインスタンスの初期化が完了したと見なされてから次のインスタンスの置き換えに移行するまでの時間 (秒単位)。Auto Scaling グループのデフォルトのインスタンスウォームアップを既に正しく定義している場合、インスタンスのウォームアップ (デフォルトをオーバーライドする場合を除く) を変更する必要はありません。詳細については、「Auto Scaling グループに対するインスタンスのデフォルトウォームアップを設定する」を参照してください。

最大正常率 (MaxHealthyPercentage

インスタンスを置き換えるときにグループが増やすことができる Auto Scaling グループの希望する容量の割合。

最小正常率 (MinHealthyPercentage)

オペレーションを続行する前に、稼働中、正常、および使用準備が整っている必要がある Auto Scaling グループの希望する容量の割合。

スケールインで保護されたインスタンス (ScaleInProtectedInstances)

スケールインから保護されているインスタンスが見つかった場合の Amazon EC2 Auto Scaling の動作を制御します。これらのインスタンスの詳細については、「インスタンスのスケールイン保護を使用する」を参照してください。

Amazon EC2 Auto Scaling は次のオプションを提供します。

  • 置き換え (Refresh) — スケールインから保護されているインスタンスを置き換えます。

  • Ignore (Ignore) – スケールインから保護されているインスタンスを無視し、保護されていないインスタンスを引き続き置き換えます。

  • Wait (Wait) – スケールイン保護を解除するまで 1 時間待ちます。そうしない場合、インスタンスの更新が失敗します。

スキップマッチング (SkipMatching)

Amazon EC2 Auto Scaling が、目的の設定に一致するインスタンスの置換をスキップするかどうかを制御します。必要な設定が指定されていない場合、インスタンスの更新が開始される前に Auto Scaling グループが使用していた同じ起動テンプレートおよびインスタンスタイプを持つインスタンスの置き換えはスキップされます。詳細については、「スキップマッチングでのインスタンスの更新の使用」を参照してください。

スタンバイインスタンス (StandbyInstances)

Standby 状態のインスタンスが見つかった場合の Amazon EC2 Auto Scaling の動作を制御します。これらのインスタンスの詳細については、「Auto Scaling グループからインスタンスを一時的に削除する」を参照してください。

Amazon EC2 Auto Scaling は次のオプションを提供します。

  • 終了 (Terminate) – にあるインスタンスを終了しますStandby

  • Ignore (Ignore) – にあるインスタンスを無視Standbyし、 InService 状態のインスタンスを置き換え続けます。

  • Wait (Wait) – インスタンスがサービスに戻るまで 1 時間待ちます。そうしない場合、インスタンスの更新が失敗します。