GetRecoveryPointRestoreMetadata - AWS Backup

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

GetRecoveryPointRestoreMetadata

バックアップの作成に使用されたメタデータのキーと値のペアのセットを返します。

リクエストの構文

GET /backup-vaults/backupVaultName/recovery-points/recoveryPointArn/restore-metadata?backupVaultAccountId=BackupVaultAccountId HTTP/1.1

URI リクエストパラメータ

リクエストでは、次の URI パラメータを使用します。

BackupVaultAccountId

これは指定されたバックアップボールトのアカウント ID です。

Pattern: ^[0-9]{12}$

backupVaultName

バックアップを保存する論理コンテナの名前。バックアップボールトは、これらのボールトを作成するために使用されたアカウントと作成先の AWS リージョンに一意の名前で識別されます。それらは、小文字の英文字、数字、およびハイフン (-) で構成されます。

Pattern: ^[a-zA-Z0-9\-\_]{2,50}$

必須:はい

recoveryPointArn

arn:aws:backup:us-east-1:123456789012:recovery-point:1EB3B5E7-9EB0-435A-A80B-108B488B0D45などのリカバリポイントを一意に識別する Amazon リソースネーム (ARN) です。

必須: はい

リクエストボディ

リクエストにリクエスト本文がありません。

レスポンスの構文

HTTP/1.1 200 Content-type: application/json { "BackupVaultArn": "string", "RecoveryPointArn": "string", "ResourceType": "string", "RestoreMetadata": { "string" : "string" } }

レスポンス要素

アクションが成功すると、サービスは HTTP 200 レスポンスを返します。

サービスから以下のデータが JSON 形式で返されます。

BackupVaultArn

arn:aws:backup:us-east-1:123456789012:backup-vault:aBackupVault などのバックアップボールトを一意に識別する ARN。

型: 文字列

RecoveryPointArn

たとえば、arn:aws:backup:us-east-1:123456789012:recovery-point:1EB3B5E7-9EB0-435A-A80B-108B488B0D45などのリカバリポイントを一意に識別する ARN。

型: 文字列

ResourceType

復旧ポイントに関連付けられているリソースタイプです。

型: 文字列

パターン:^[a-zA-Z0-9\-\_\.]{1,50}$

RestoreMetadata

バックアップされたリソースの元の構成を記述するメタデータのキーと値のペアのセット。これらの値は、復元されるサービスによって異なります。

型: 文字列間のマッピング

エラー

すべてのアクションに共通のエラーについては、「共通エラー」を参照してください。

InvalidParameterValueException

パラメータの値に問題があることを示します。たとえば、値が範囲外であることです。

HTTP ステータスコード:400

MissingParameterValueException

必須パラメータがないことを示します。

HTTP ステータスコード:400

ResourceNotFoundException

アクションに必要なリソースは存在しません。

HTTP ステータスコード:400

ServiceUnavailableException

サーバーの一時的障害のため、リクエストは失敗しました。

HTTP ステータスコード:500

その他の参照資料

言語固有の AWS SDKs のいずれかでこの API を使用する方法の詳細については、以下を参照してください。