オプション 3: Amazon EFS 自動バックアップを作成する - AWS Backup

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

オプション 3: Amazon EFS 自動バックアップを作成する

Amazon Elastic File System (Amazon EFS) ファイルシステムを作成すると、デフォルトで自動バックアップが有効になります。既存の Amazon EFS ファイルシステムを自動的にバックアップする場合は、Amazon EFS コンソール、API、または CLI を使用してバックアップできます。

コンソールを使用して既存の Amazon EFS ファイルシステムを自動的にバックアップするには

  1. で Amazon EFS コンソールを開きます。https://console.aws.amazon.com/efs

  2. リポジトリの []ファイルシステムページで、自動バックアップを有効にする対象のファイルシステムを選択します。

  3. 選択編集[一般設定パネル] をクリックします。

  4. 自動バックアップをオンにするには、自動バックアップの有効化

デフォルトのバックアップ計画設定はdaily backups, 35-day retention。デフォルトのバックアップウィンドウ (バックアップが実行される時間枠) は、午前 5 時 (協定世界時) に開始に設定され、8 時間続きます。

注記

Amazon EFS 自動バックアップボールトaws/efs/automatic-backup-vaultは、これらのバックアップ専用に予約されています。他のバックアッププランの宛先として使用すると、「権限が不足しています」というエラーが表示されます。

AWS Backupでは、サービスにリンクされたロールがアカウントに作成されます。このロールには、Amazon EFS バックアップを実行するために必要なアクセス許可が付与されています。サービスにリンクされたロールの詳細については、「」を参照してください。のサービスにリンクされたロールAWS Backup

Amazon EFS コンソール、API、CLI を使用して自動バックアップを有効または無効にする手順については、「」を参照してください。[Automatic backups]()Amazon Elastic File System ユーザーガイド