バックアップボールトの作成 - AWS Backup

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

バックアップボールトの作成

バックアッププランを作成するか、バックアップジョブを開始する前に、少なくとも 1 つのボールトを作成する必要があります。

AWS Backup で AWS リージョン コンソールを初めて使用するとき、コンソールによってデフォルトのボールトが自動的に作成されます。

ただし、AWS Backup、AWS CLI SDK、または AWS を通じて AWS CloudFormation を使用する場合、デフォルトのボールトは作成されません。独自のボールトを作成する必要があります。

AWS アカウント は、AWS リージョン ごとに最大 100 個のバックアップボールトを作成できます。

バックアップボールトの作成 (コンソール)

を使用する場合 step-by-step を使用してバックアップボールトを作成する手順AWS Backupコンソール、「」を参照してください。ステップ 3: バックアップボールトを作成する入門ガイドの「」を参照してください。

バックアップボールトの作成 (プログラムによる)

次の AWS Command Line Interface コマンドでは、バックアップボールトが作成されます。

aws backup create-backup-vault --backup-vault-name test-vault

バックアップボールトに次の設定を指定することもできます。

バックアップボールト名

バックアップボールト名では大文字と小文字が区別されます。2 ~ 50 文字の英数字、ハイフン、またはアンダースコアを含める必要があります。

AWS KMS 暗号化キー

AWS KMS 暗号化キーは、このバックアップボールト内のバックアップを保護します。デフォルトでは、AWS Backup によってエイリアス aws/backup の KMS キーを作成します。そのキーを選択するか、アカウント内の他のキーを選択できます。

新しい暗号化キーを作成するには、AWS Key Management Service 開発者ガイドの [キーの作成] の手順に従います。

バックアップボールトを作成して AWS KMS 暗号化キーを設定した後は、そのバックアップボールトのキーを編集できなくなります。

AWS Backup ボールトで指定された暗号化キーは、特定のリソースタイプのバックアップに適用されます。バックアップの暗号化の詳細については、「セキュリティ」セクションの「AWS Backup でのバックアップの暗号化」を参照してください。他のすべてのリソースタイプのバックアップは、ソースリソースの暗号化に使用されたキーを使用してバックアップされます。

バックアップボールトのタグ

これらのタグはバックアップボールトに関連付けられており、バックアップボールトを整理して追跡するのに役立ちます。