バックアップの削除 - AWS Backup

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

バックアップの削除

を使用することをお勧めしますAWS Backupをクリックして、バックアッププランの作成時にライフサイクルを構成して、不要になったバックアップを自動的に削除します。たとえば、バックアッププランのライフサイクルをリカバリポイントを 1 年間保持するように設定した場合、AWS Backup は、2022 年 1 月 1 日、または 2021 年 1 月 1 日の数時間以内に、作成した復旧ポイントを自動的に削除します。 (AWS Backupは、パフォーマンスを維持するために、リカバリポイントの有効期限後8時間以内に削除をランダム化します。) ライフサイクル保持ポリシーの設定の詳細については、「バックアッププランの作成」を参照してください。

ただし、1 つまたは複数のリカバリポイントを手動で削除することもできます。例:

  • EXPIRED 復旧ポイントがあります。これらはリカバリポイントです。バックアッププランの作成に使用した元の IAM ポリシーを削除または変更したため、AWS Backup は自動的に削除できませんでした。AWS Backup を削除しようとしましたが、アクセス権限がありません。

    警告

    期限切れの回復ポイントは引き続きアカウントに保存されます。これにより、ストレージコストが増加する可能性があります。

    2021年8月6日以降、AWS Backup は、ターゲットのリカバリポイントを Expired として、バックアップボールトで示します。バックアップを削除できなかった理由を説明するポップオーバーステータスメッセージの赤い [Expired] ステータス上にマウスを置くことができます。[更新] をクリックして、最新の情報を受信します。

  • バックアッププランを設定したとおりに動作させたくありません。バックアッププランの更新は、作成する将来のリカバリポイントに影響しますが、すでに作成したリカバリポイントには影響しません。詳細については、「バックアッププランの更新」を参照してください。

  • テストやチュートリアルを終えたら、クリーンアップする必要があります。

バックアップを手動で削除する

回復ポイントを手動で削除するには

  1. AWS Backup コンソールのナビゲーションペインで、[Backup vaults (バックアップボールト)] を選択します。

  2. [Backup vaults (バックアップボールト)] ページで、バックアップを保存したバックアップボールトを選択します。

  3. リカバリポイントを選択し、[アクション] ドロップダウンで、[削除] を選択します。

    1. リストに継続的なバックアップが含まれている場合は、次のいずれかのオプションを選択します。各継続的バックアップには、1 つのリカバリポイントがあります。

      • バックアップデータを完全に削除する復旧ポイントを削除します。これらのオプションのいずれかを選択すると、今後の継続的なバックアップを停止し、既存の継続的なバックアップデータも削除します。

      • 継続的なバックアップデータを保持するまたは復旧ポイントの関連付けを解除します。これらのオプションのいずれかを選択すると、今後の継続的バックアップは停止しますが、保持期間の定義に従って期限が切れるまで、既存の継続的バックアップデータは保持されます。

    2. リストされているすべてのリカバリポイントを削除するには、delete と入力し、[リカバリポイントの削除] を選択します。

    3. AWS Backup がリカバリポイントの削除の送信を開始し、進行状況バーを表示します。ブラウザタブを開いたままにしておき、送信プロセス中はこのページから移動しないでください。

    4. 送信プロセスの最後に、AWS Backup はバナーにステータスを示します。このステータスは、

      • 正常に送信されました。各リカバリポイントの削除ステータスについて、[進行状況を閲覧する] を選択することもできます。

      • 送信に失敗しました。各リカバリポイントの削除ステータスについて、[進行状況を閲覧する] または、[Try again] を選択することもできます。

      • 一部のリカバリポイントが正常に送信され、他のリカバリポイントの送信に失敗した混合結果。

    5. 進行状況を閲覧する」を選択すると、バックアップごとに削除ステータスを確認することができます。削除ステータスが [Failed] または [Expired] の場合、そのステータスをクリックして理由を確認できます。[失敗した削除を再試行する] を選択することもできます。

手動削除のトラブルシューティング

まれな状況では、AWS Backup は削除リクエストを完了しない可能性があります。AWS Backup では、サービスにリンクされたロールを使用し、AWSServiceRoleForBackup をクリックして削除を実行します。

削除リクエストが失敗した場合は、IAM ロールにサービスにリンクされたロールを作成するアクセス権限があることを確認します。具体的には、IAM ロールに iam:CreateServiceLinkedRole action があることを確認します。そうでない場合は、AWS Identity and Access Managementユーザーガイドの「サービスにリンクされたロールのアクセス許可」の手順に従って、この権限をサービスにリンクされたロールに追加します。この権限を追加すると、AWS Backup をクリックして、手動で削除を実行します。

IAM ロールに iam:CreateServiceLinkedRole アクションがある場合、リカバリポイントはまだ DELETING ステータスで、お客様の問題を調査している可能性があります。以下の手順で、手動削除を完了します。

  1. 2-3 日後に戻ってくるリマインダーを設定します。

  2. 2-3日後、最初の手動削除操作の結果である最近の EXPIRED 削除ポイントをチェックします。

  3. それらの EXPIRED 復旧ポイントを手動で削除します。