メータリング、コスト、および請求 - AWS Backup

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

メータリング、コスト、および請求

AWS Backup の料金

現在の AWS Backup の料金は「AWS Backup の料金」でご覧いただけます。

重要

追加料金を回避するには、ウォームストレージ期間を「少なくとも 1 週間」に設定して、リテンションポリシーを構成します。

たとえば、毎日のバックアップを取って 1 日保持するとします。さらに、保護されているリソースが非常に大きいため、バックアップを完了するのに 1 日かかると仮定します。AWS Backup は、1 日のレンタル期間を実装し、バックアップジョブの完了時にウォームストレージからバックアップを削除します。翌日、AWS Backup は、ウォームストレージにバックアップがないため、増分バックアップを作成できません。この保存期間はベストプラクティスに従わなかったため、毎日フルバックアップを作成するリスクとコストがかかります。

ユースケースに関するガイダンスについては、テクニカルアカウントマネージャーまたはソリューションアーキテクトに問い合わせてください。

AWS Backup の請求

リソースタイプが AWS Backup のフル管理をサポートしている場合は、AWS Backup アクティビティ (ストレージ、データ転送、復元、早期削除を含む) の料金は、Amazon Web Services の請求の、[バックアップ] の下に表示されます。AWS Backup のフル管理をサポートするサービスの一覧については、リソース別の機能の可用性 表の「AWS Backup のフル管理」セクションを参照してください。

リソースタイプがAWS Backup のフル管理をサポートしていない場合、バックアップ用のストレージコストなどの AWS Backup アクティビティの一部は、それぞれの AWS サービスによって請求されることがあります。

コピージョブの失敗

課金されるのは、コピー先のボールトにリカバリポイントが作成された後のみです。コピージョブが失敗し、リカバリポイントが作成されない場合は課金されません。

コスト配分タグ

コスト配分タグを使用すると、AWS Backup コストを詳細レベルで追跡および最適化でき、AWS Cost Explorer を用いてこうしたタグを表示およびフィルタリングできます (この機能は、現在、DynamoDB 向けにはサポートされていません)。

コスト配分タグを使用するには、「AWS Backup を使用した Amazon EFS のコストの自動バックアップとバックアップコストの最適化」、および「コスト配分タグの使用」を参照してください。

AWS Backup Audit Manager の料金

AWS Backup Audit Manager は、制御評価の数に基づいて使用料金を課金します。制御評価は、1 つのコントロールに対する 1 つのリソースの評価です。管理評価料金は、AWS Backup の請求書に表示されます。現在の管理評価料金については、「AWS Backup 料金」を参照してください。

AWS Backup Audit Manager コントロールを使用するには、AWS Config を記録して、バックアップアクティビティの追跡を有効にする必要があります。AWS Config は、記録された各構成項目の料金を請求し、これらの料金は、AWS Config の請求書に表示されます。現在の構成項目の記録された価格については、AWS Config 料金を参照してください。

Amazon Aurora の料金

Aurora の継続的バックアップに設定された保持期間 (最大 35 日間) の間、スナップショットにはストレージ料金は発生しません。この期間を過ぎて保持されたスナップショットは、フルバックアップとして課金されます。